ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(81)

道のない道=村上尚子=(81)

 やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。
「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服を買ってくれたのを……その服はね、ブルーザ(上着)がピンク色で、スカートが白だった……ああ、どんどん思い出してきた」
 私の方が思い出せないくらい、昔のことを。ひろ子のそういった変化は、女医さんの指示が成功したということになる……『良かった!』 
 ひろ子は、リベロン・プレットへ帰って行った。
 ところが、今度は私の中に、ぽっかり穴が開いて、風がスースーと通り抜けている。
「五十年間も、私の目を見たことがない……」
 青天の霹靂(へきれき)である。ひろ子という私の体の一部が、すっぽり抜けたような感覚に襲われている……勿論、私は怨むどころか、彼女へどう詫びても詫びきれない罪を犯したのだ。だが、私の中から、ひろ子が抜けてしまっている。これは一体、何なのだろう。自分の気持ちが恐ろしい…… 二カ月ほど、腑抜けのようになった私は、自分で心配になってきた。「まさか、母としての愛情が、このショックで、消えてしまったのだろうか」
 自分の本心を知る方法が、ひらめいた。
「その人の本心を知りたかったら、本人をパニックの状態に置いてみる」というのを聞いたことがある……で、ある想定をした。

 海の中に、私の子三人(捨てた子、里子も入れて)が、私の目の前で溺れているー
 私だけが、辛うじて丸太にしがみついている。この丸太も、もう一人誰かが掴まれば、丸太ごと沈んでしまう。
 この時、その三人の娘のうち、私は誰にその丸太を譲るのだろうか・・・
 自分の本心を知るのは恐かった。緊張しているもうひとりの私がいる。
 まず捨てた里子を想ってみた。あの娘は、もともとみんなに好かれる、優しい娘である。
 間違いなく助ける。
 又、身近に住んでいる、一番下の娘、琴子も言うまでもない。
 最後に、あの問題のあった、ひろ子である、
 なんと!  他の娘たちと同じ感情が、まったく躊躇なく出た!
「たすける!」
 普段、疎遠な我が子、接触の多い子、それにも違いはあるかとも思えた。しかし、極限に追い込まれた時の本能では『自分の子供への愛情に差が無い』ことに驚いたし、安心もした。
 母親というものは、こういう風に創られているものなのか。
 まるで人ごとのように不思議であった。
 それにしても、いくら何でも、海もない室の中で、このような迫真にみちた想定は、ふつうは出来ない。
 それほど私も精神的に追いつめられていたからこそ、真剣な心の集中が出来たと思える。
 結論は出た。
 一番近いところで溺れている娘へ、その丸太を渡す!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 福博剣道大会=地元チームが総合優勝!=個人戦は浦野五段に栄冠2013年10月4日 福博剣道大会=地元チームが総合優勝!=個人戦は浦野五段に栄冠 ニッケイ新聞 2013年10月4日  福博剣道協会(藤倉修平会長)主催の『第43回福博剣道大会』が先月29日、スザノ市内のACEAS体育館で行われた。全伯の道場から22チーム、320人の剣士が出場し、日ごろの練習の成果を競い合った。 […]
  • 練習艦隊=サンパウロ 永松通一2015年8月18日 練習艦隊=サンパウロ 永松通一  8月5日午前9時、サントス港のブラジル海軍桟橋に海上自衛隊の練習艦隊「やまぎり」と「しまゆき」の2隻が接岸して、入港式典が行われた。旗艦の練習艦「かしま」はリオ・デ・ジャネイロに分散入港したため、艦隊の司令官不在で実習士官、個艦乗組員も半減して、過去の式典に比べると簡素な […]
  • 新和太鼓集団が始動=10都市で13回公演2003年8月8日 新和太鼓集団が始動=10都市で13回公演 8月8日(金) […]
  • 松尾、森口、吉岡の三氏が喜びの声=外務大臣表彰の伝達式で2012年9月6日 松尾、森口、吉岡の三氏が喜びの声=外務大臣表彰の伝達式で ニッケイ新聞 2012年9月6日付け […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]