ホーム | 日系社会ニュース | 特異な日語能力の生粋四世=大阪聖市交流で初訪日

特異な日語能力の生粋四世=大阪聖市交流で初訪日

初訪日への期待を語る安楽さん

初訪日への期待を語る安楽さん

 大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)による招待で、サンパウロ州立総合大学デザイン科に在籍する安楽カチア香織さん(21、四世)が、約2週間の研修の機会を獲得し、出発の直前に来社して意気込みを語った。
 昨年に開催された日本語センター主催の第10回弁論大会で、優秀賞を収めた安楽さんは、「日本在住経験もないのに、ここまで日語能力が高い生粋の四世は極めて特例」ということで推薦されたという。
 「志―社会に対して何ができるか」というテーマで、「社会の表裏や矛盾を知り、自分の中で葛藤があった。それを消化するまで、志は定まらない」と弁論した。
 スザノ日伯学園で教師を務める母親のもと、せめて家庭内では日本語をという教育熱心な家庭で育った。堂々とした口振りで、難解な慣用句を交えて話す様子は、まさに日本人顔負けだ。
 5歳から17歳まで金剛寺学園で日語を学び、「同級生と考えが一致しなかったり、興味の対象が噛み合わなかったり。でも、同園が自分の居場所だった」と日系人意識を深めてきた。
 さらに修養団では10年以上もボランティア経験してきたといい、「向上心を諦めないことなど、多くを人から学んできた。将来は子供の教育に携わり、なるべく良い道に導くようなことができれば」と目を輝かせる。
 「大学に入って、世界が一気に拡がり、交流のなかで意見の違いを大きく感じてきた。それまでは井の中の蛙だった」と笑い飛ばした。
 「まして日本ならもっと驚きがあるはず。そういった意味で、研修の機会を頂けたのは本当に有難い」と語り、「伯国の日系文化と日本文化がどう違うのかを見てきたい」と意気込みを語った。安楽さんは12日に出発した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も2018年10月30日 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も  三重県人会(下川孝会長)が27日、県人移住105周年、県人文化援護協会創立75周年、三重県・聖州姉妹都市提携45周年の節目を迎え、記念式典を開催した。式典には約170人の県人会関係者らが集まり、3つの節目を祝った。また母県から海外功労者賞に3人が選ばれ、海外在住者への […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系伯人コミュ […]
  • 愛知県と聖州が姉妹都市に=大村知事「記念すべき始まりの日」2018年9月13日 愛知県と聖州が姉妹都市に=大村知事「記念すべき始まりの日」  愛知県と聖州は10日、「友好交流及び相互協力に関する覚書」に署名した。これは生物多様性保存を中心とした環境分野での協力強化を目的としたもの。同日、大村秀章県知事一行らはピニェイロス区にある聖州観光局を訪問し、署名式が行われた。  2010年に「生物多様性条約第10回 […]
  • レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」2018年10月27日 レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」  レジストロ中津川姉妹都市協会(高橋邦彦会長)が主催する姉妹都市提携38周年、レジストロ日本人入植105周年、日本移民110周年を祝う式典が20日晩、レジストロ文協会館で行われ、約130人が盛大にお祝いした。首都からはサムエル・モレイラ連邦下議、岐阜県中津川市から青山節 […]