ホーム | 日系社会ニュース | 特異な日語能力の生粋四世=大阪サンパウロ市交流で初訪日

特異な日語能力の生粋四世=大阪サンパウロ市交流で初訪日

初訪日への期待を語る安楽さん

初訪日への期待を語る安楽さん

 大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)による招待で、サンパウロ州立総合大学デザイン科に在籍する安楽カチア香織さん(21、四世)が、約2週間の研修の機会を獲得し、出発の直前に来社して意気込みを語った。
 昨年に開催された日本語センター主催の第10回弁論大会で、優秀賞を収めた安楽さんは、「日本在住経験もないのに、ここまで日語能力が高い生粋の四世は極めて特例」ということで推薦されたという。
 「志―社会に対して何ができるか」というテーマで、「社会の表裏や矛盾を知り、自分の中で葛藤があった。それを消化するまで、志は定まらない」と弁論した。
 スザノ日伯学園で教師を務める母親のもと、せめて家庭内では日本語をという教育熱心な家庭で育った。堂々とした口振りで、難解な慣用句を交えて話す様子は、まさに日本人顔負けだ。
 5歳から17歳まで金剛寺学園で日語を学び、「同級生と考えが一致しなかったり、興味の対象が噛み合わなかったり。でも、同園が自分の居場所だった」と日系人意識を深めてきた。
 さらに修養団では10年以上もボランティア経験してきたといい、「向上心を諦めないことなど、多くを人から学んできた。将来は子供の教育に携わり、なるべく良い道に導くようなことができれば」と目を輝かせる。
 「大学に入って、世界が一気に拡がり、交流のなかで意見の違いを大きく感じてきた。それまでは井の中の蛙だった」と笑い飛ばした。
 「まして日本ならもっと驚きがあるはず。そういった意味で、研修の機会を頂けたのは本当に有難い」と語り、「ブラジルの日系文化と日本文化がどう違うのかを見てきたい」と意気込みを語った。安楽さんは12日に出発した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 愛知県人会=創立60周年盛大に祝う=大村知事ら慶祝団21人来伯=エレベーター着工式、会館改装も2018年9月12日 愛知県人会=創立60周年盛大に祝う=大村知事ら慶祝団21人来伯=エレベーター着工式、会館改装も  ブラジル愛知県人会(沢田功会長)は「創立60周年記念式典」を9日、サンパウロ市内の同会館で開催した。母県からは大村秀章県知事、松川浩明県議会議長ら21人の慶祝団が参列。ロンドリーナ支部など遠方からも会員や家族ら300人以上が駆けつけ、節目の年を盛大に祝した。  式典 […]
  • 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん2018年9月1日 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん  平成30(2018)年度の外務大臣表彰では、日本側でもブラジル関係者2人が受賞している。表彰式は7月24日に東京の飯倉公館で行なわれ、河野太郎外務大臣より表彰状と副賞の正絹風呂敷が贈られた。  タカラベルモント株式会社の会長兼社長の吉川秀隆さんの受賞理由は、「日本と […]
  • 大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」2018年8月8日 大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に行なった『ポルトガル語スピーチコンテスト』で優勝した外山朝陽さん(17、愛知県豊橋市)と同協会の粟嶋裕さんが7月25日に来社した。  同協会は同コンテスト優勝者を毎年ブラジルに派遣している。外山さんは24日にブラジ […]