ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 CNTという調査団体が行ったアンケート調査によると、2018年の大統領選で国民の約30%がルーラ氏の当選を願っているという結果が出た。いかにマリーザ夫人の死の直後とは言え、連日のラヴァ・ジャットの疑惑報道の後でもここまで強いとは。また2位にはマリーナ・シウヴァ氏、3位にはジャイール・ボウソナロ氏が共に11%台で続いている。だが、極右思想で知られるボウソナロ氏が、民主社会党(PSDB)のアエシオ・ネーヴェス氏より高い支持率であるのにも注目だ。上位3人を見ると、現政権からの変化を望む国民の気持ちが感じられるが、これが今後の経済指標やLJの進展次第でどう変わるか。
     ◎
 サンパウロ市南部のシダーデ・アデマールで8日に起こった、軍警2人に追跡された後に射殺されたダヴィド・バルボーザ・ダ・シウヴァ氏の事件に関し、現在、捜査が進められている。この事件に関与した軍警2人は、ダヴィド氏に発砲をしたのは、同氏が銃を向けて撃って来たためだとしたが、現場近くの防犯カメラの映像に残っていたのは、終始手を上げた状態で逃げるダヴィド氏の姿のみで、武器も持っていなかった。こうした事件が軍警に多すぎる気がするが。
     ◎
 15日、サッカーのサンパウロ州選手権第3節で早くもクラシコ(伝統カード)が実現した。その試合はサントス対サンパウロで、サンパウロが敵地ヴィラ・ベルミロで3対1と完勝した。下部組織から上がった20歳のフォワード、ルイス・アラウージョが2点をあげる活躍だった。これでセニ新監督も波に乗ってくるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 《ブラジル》大統領選=左翼でも連立模索の動き=4党の幹部が会合開く=マリーナはPVと連立か=地方選などでも協力へ2018年8月2日 《ブラジル》大統領選=左翼でも連立模索の動き=4党の幹部が会合開く=マリーナはPVと連立か=地方選などでも協力へ  大統領選に向け、これまでまとまっていなかった左翼政党が協力体制を見せはじめた。また、これまでは具体的な動きの見えなかったマリーナ・シウヴァ氏(REDE)も、連立に向けて動きはじめている。1日付現地紙が報じている。  大統領選では各政党が候補を出しているためにまとまり […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • 東西南北2018年1月20日 東西南北  来週は全ブラジルの目が、24日のルーラ元大統領の第2審裁判に釘付けになりそうな予感だ。裁判は午前8時30分からはじまり、午後3時頃には判決が出そうとのこと。この裁判の模様が当日、開催場所となる第4連邦地域裁から、ユーチューブを通じて生中継される。あまりにもたくさんの人が見るた […]