ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日、ブラジルでは社会保障制度改革に反対するデモが全国に拡大、その一方でオデブレヒトのデラソンに基づいた検察庁によるラヴァ・ジャットの捜査開始要請が起こっている。連邦政府としては国の経済立て直しのために何とか財源を確保したいところだろうが、現在の閣僚もそれなりの数関わっているラヴァ・ジャットの捜査開始要請が重なっては、「社会保障を切り崩さないと金はないというのは本当のことなのか」となるのは仕方がないところか。ただ、不況脱出のための建設的な議論が国民から実際に起こっているかどうかとなると、そこも微妙なところ。混乱が前向きに収まるとよいのだが。
     ◎
 ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は、サンパウロ市の地下鉄2号線を民営化する意向だという。民営化ということになれば、現在すでにその形態で運営されている4号線に次いで、同市では2線目の民営化となる。ブラジルでは古くから、こうした公共の交通機関は「国のもの」という考え方があるため、スムーズにことは運ばないかもしれない。だが、今回のストのように州公社が運営する地下鉄が機能しない際に、管轄外の4号線が動く便利さを味わうと、もう一線、民営の路線が欲しくもなる。
     ◎
 15日のサッカーのリベルタドーレス杯、パルメイラスは本拠地アリアンツ・パルケでの対ホルへ・ウィルステルマン(ボリビア)戦を、苦しみながらも1―0で振り切った。これでパルメイラスは勝ち点4で、第5組の首位に立った。次戦は4月12日としばらく間隔が空くから、その間にサンパウロ州選手権を着実に勝っておきたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボウソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 東西南北2018年9月29日 東西南北  本日付で報じているヴェージャ誌のボウソナロ氏のスクープは強い波紋を投げかけている。同氏は「汚職をしない」というイメージを売りにしていたため、影響は決して小さくはないだろう。ヴェージャ誌といえば、2014年の大統領選直前には、「ルーラ氏はラヴァ・ジャットの汚職を知っていた」とい […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]