ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル力行会の略史=百周年記念誌編纂委員会=〈1〉古賀捷則

ブラジル力行会の略史=百周年記念誌編纂委員会=〈1〉古賀捷則

生涯を通じて「霊肉救済」」事業に打ち込んだ日本力行会創立者・島貫兵太夫牧師

生涯を通じて「霊肉救済」」事業に打ち込んだ日本力行会創立者・島貫兵太夫牧師

 ブラジル力行会は、今年2017年で創立100周年を迎えます。その間、日本力行会の南米開拓講習所で、移住教養とキリスト教の教育を受けて、ブラジルへやって来た力行会会員は、戦前506人、戦後1294人、合計1800人にのぼります。キリスト教精神によってつくられた海外移住奨励の団体である力行会とは何か。ブラジル力行会の歴史に触れる前に、日本力行会の生い立ちについて述べてみましょう。
 日本力行会は、1897年、キリスト教改革派教会の島貫兵太夫牧師が、地方から東京にやって来た貧しい苦学生の救済を目的に、自宅を解放して創設しました。この力行会の「力行」という言葉は、苦労しながら学問をするという、中国の言葉「苦学力行」に由来すると述べています。
 島貫牧師は、苦学生の独立自尊の念を養うため、いろいろな仕事を都合し、夜学へ通わせ、不足分は牧師を務める神田教会の報酬から補っていましたが、彼らを教導する牧師の人間的魅力により、苦学生の数は増えるばかりで、経済的に行き詰まってしまうのは明らかです。
 そこで島貫牧師はアメリカでは苦学生の世話をどうしているかを調べるため現地へ行き、苦学生だけではなく一般の人たちにも、将来の可能性のある国であることを目のあたりにして、力行会のなかに渡米部を開設し、必要な英会話や教養を身につけさせて、青年たちを北米へ送り出すことに力を入れるようになりました。
 このように、生涯を通じて「霊肉救済」事業に打ち込んだ島貫牧師の活動は、心の救済だけではなく、人々の生活、つまり肉の生活も支援しなければならないという考え方に立っています。
 日本力行会はやがて海外事情に通じた渡米・移住促進団体として全国に知られるようになります。渡米促進事業にますます拍車がかかろうとしているとき、今度はアメリカで排日運動が次第に高まり、対米移民制限に関する協約である日米紳士協定が1908年2月に制定されました。
 狭い日本から広い海外に進出しようとする若者の渡米熱は急速にさめ、海外移住への関心は南米へ向けられるようになります。こうして1908年の4月18日にブラジルへの最初の移民船「笠戸丸」が日本を出発、南米大陸への大量移民の時代が幕を開けることになりました。
 そのころ、リオ・デ・ジャネイロには、すでに数人の力行会員が住んでいました。その中のひとり大島七郎会員は、イギリス船の船員になり、途中で船から落ちて、九死に一生を得て、1911年、リオに上陸した人です。
 島貫会長は、大島会員をブラジルの日本力行会初代支部長に任命しましたが、大島会員は2年後にアメリカへ再移住したため、1906年にブラジルへ移住していた、鹿児島地裁裁判所判事の隈部三郎弁護士の長女・隈部光子会員を支部長に任命しました。
 しかし、伯国支部としての活動の記録はまったく残されていないので、当時を、ブラジル力行会の歴史が始まる前の、神代の時代とも呼ばれています。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!2019年1月8日 リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!  ブラジル日本移民110周年記念事業の一環として、「リオ日本移民史料館」が12月15日、リオ日系人協会に落成した。これはリオ日系社会が寄付金を募り、約6万レをかけて建設されたもの。同地のブラジル日本移民110周年記念実行委員会(松浦實実行委員長)からリオ州に寄贈された。 […]
  • 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る2018年11月24日 横浜で移民110周年記念行事=約300人が参加、サンバ踊る  Viva110!ブラジル日本移民110周年を祝う横浜市民の会(代表:小林正博)が、『VIVA! 110 de Yokohama』(横浜でみんなで祝おうブラジル日本移民110周年)を11日午後、JICA横浜センター体育館で開催した。イベントには約300人が来場し、ブラジ […]
  • 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日2018年11月15日 演歌歌手エドアルドが凱旋=「嬉しくて言葉にならない」=110周年ディナー・ショー、30日  コロニアが産んだ初の伯人男性演歌歌手・エドアルドさん(34、プロダクションオーロラ所属)の「ブラジル日本移民110周年記念慈善ディナー・ショー」が、30日午後6時半から聖市文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]
  • 山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に2018年10月24日 山形県人会創立65周年祝う=笠戸丸以前から県人南樹活躍=研修員が母県との懸け橋に  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)は21日、県人会創立65周年及び県人移住111周年記念式典を聖市のブラジル宮城県人会館で行った。母県から若松正俊副知事、寒河江浩二山形新聞社長ら31人が慶祝に訪れ、県人ら総勢300人で晴れの日を祝った。  式典では両国歌斉唱、先没者 […]