ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日から、6~8月生まれの人による勤続期間保障基金(FGTS)引き出しが始まった。テメル大統領の就任1周年と重なったこの日、同大統領はブラジリアの連邦貯蓄銀行(Caixa)を直接訪れ、引き出しを行った国民と言葉を交わした。自己都合退職、もしくは正当な理由により企業から解雇されたことで即座の引き落としが不可能だったFGTSを、景気刺激策として引き出し可能にしたものだ。政府は「経済活性化に繋がる」と考えているが、多くの国民は負債支払いに使うとの調査結果も。
     ◎
 先月18日に上院を通過した新移民法が、大統領の裁可待ちとなっている。軍政時代から残る外国人法を現代の価値観に合ったものに直す事が趣旨だが、「テロがはびこるぞ! 絶対反対」と声高に叫ぶデモも発生している。年金改革を巡って激しく論戦を行う与野党だが、この新移民法に関しては賛成で意見がほぼ一致している。テメル大統領の決断はいかに?
     ◎
 13日に、サッカー全国選手権が開幕した。昨年優勝のパルメイラスは地元にヴァスコを迎え、4対0と大勝。昨年も開幕戦で4対0の勝利だったから、縁起が良い。心配なのがサンパウロFCで、サンパウロ州選手権、ブラジル杯、スルアメリカーナ杯と3連続でのカップ戦敗退の後の開幕戦も、対クルゼイロ戦を0対1で落とした。監督交代の早いブラジルだから、普通の監督なら次も負けたら解任の可能性もあるが、チームのレジェンド的存在のロジェリオ・セニをそう簡単にクビにはできない。年頭に見せた滑り出しの好調さを早く取り戻して欲しいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 《ブラジルサッカー》=久々好調のサンパウロFC=リーグ戦折り返し直前首位キープ2018年8月14日 《ブラジルサッカー》=久々好調のサンパウロFC=リーグ戦折り返し直前首位キープ  サッカーブラジル全国選手権1部(ブラジレイロン)で、名門サンパウロFCが好調だ。12日に行われた第18節、アウェイのスポルチ戦で3対1と勝利し、11勝5分2敗の勝ち点38で、17節に続いてトップを堅持した。  サンパウロFCは、2006年から07年、08年3連覇を含 […]
  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]
  • ブラジル杯ベスト16出揃う=準々決勝進出かかる対戦カードも決定2018年4月21日 ブラジル杯ベスト16出揃う=準々決勝進出かかる対戦カードも決定  全国選手権と並び、ブラジル国内サッカー2大タイトルの一つ、ブラジル杯の組み合わせ抽選会が20日に行われ、準々決勝進出チームを決める八つの対戦カードが決定した。  この大会にはブラジル全土から91チームが参加し、トーナメント戦で優勝チームを決定する。  91チームと言っても […]