ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 コンサルタント会社マッキンゼーは、現在ブラジル国内の雇用者1億730万人のうち、半分に当たる5370万人分が機械にとって代わられる可能性があるとの調査結果を発表した。これは中国、インド、米国についで、世界で4番目に多い数だ。機械化される比率が高いとされるのは製造業で、69%の人手が不要となるという。ホテル、レストラン部門の63%、輸送・保管部門の61%がそれに続いている。
     ◎
 今年に入ってから4月20日まで、サンパウロ市の移動緊急医療サービス(Samu)の救急車は、3件に1件は呼び出しに応じていない事が分かった。救急車の呼び出しは11万3882件あり、その内、対応されたのは7万5047件に留まった。救急車運転手組合は、人手不足を理由に挙げている。運転手たちは、本当に救急車が必要なほど事態が深刻なのか、優先順位を選別する機能も不十分だとしている。ジョアン・ドリアサンパウロ市政は、対応率は61%から67%に上がったとしている。
     ◎
 ニューヨーク訪問中のドリアサンパウロ市長の代行を務めるミルトン・レイテサンパウロ市議会議長が16日、カーニバル期間中などに公道で小便をした場合、現行犯は500レアルの罰金刑となる法律を裁可した。サンパウロ市は今後90日の内に法律の運用方法を決める必要があり、市公報局は、実際の取り締まり方法などを検討するとしている。ブラジル社会党(PSB)のカイオ・ミランダ市議が立案したこの法律は、4月に賛成48票、反対2票で可決されていた。レイテ市長代行は、「ブラジル人は重い罰金がないと行いを改めない」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ