ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市のアンドレ・ストゥルム文化局長が、ホームレスの文化団体の若者たちとの会議の際に暴言を吐いていた録音が暴露され、物議を醸している。この団体は昨年から市内東部で不法占拠を行った後、当時のハダジ市長から10万レアルの資金援助を得て音楽活動などを行っていたが、資金が切れたための交渉中だった。録音によると、ストゥルム局長は「交渉の前に資金援助を公式のものにしよう」と持ちかけたが、並行線になったため、怒った局長が「殴るぞ」などの脅し表現を使ったことがネットで流れた。同局長はすぐに謝罪した。ラヴァ・ジャット後、こうした隠し録音が増えた印象があり、政治家も気を抜けない。
     ◎
 2002年に、10代にして両親を計画殺害してブラジルを騒然とさせたスザーネ・ヴォン・リヒトホーフェンの弟のアンドレアスさん(29)が、サンパウロ市南部カンポ・リンポの病院に入院させられていたことがわかった。アンドレアスさんは5月30日朝、同市南部のサントアマーロで、塀を飛び越えて民家に不審侵入しようとして、警官に保護された後、病院に運ばれた。アンドレアスさんはその前日、セントロのクラコランジアでも目撃されており、保護された日も、精神面で異常をきたしていたという。
     ◎
 5月のサンパウロ州では主要6大水系全てで月間平均降水量以上の雨が降り、うち5水系で100ミリを超えた。2014~15年に危機が叫ばれていたカンタレイラ水系でも、5月31日現在で未開水域(29・1%分相当)抜きで66・7%。6月は強い寒冷前線が南から北上しており、寒くなるとの予報なので、対策を忘れずに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 《ブラジル》PT政権元閣僚のパロッシに減刑判決=大統領選直前の暴露で話題に2018年11月30日 《ブラジル》PT政権元閣僚のパロッシに減刑判決=大統領選直前の暴露で話題に  リオ・グランデ・ド・スル州の連邦第4地域裁(TRF4)は28日、ルーラ、ジウマ政権の重要閣僚で、収賄罪などで服役中のアントニオ・パロッシ氏(元労働者党・PT)に対し、報奨付供述の有効性を認め、禁固刑を自宅軟禁に切り替える判断を下した。29日付現地紙が報じている。  この裁判 […]
  • フェルナンド・ハダジ元サンパウロ市長=収賄容疑で刑事被告人に=「証拠がない」と弁護人2018年11月22日 フェルナンド・ハダジ元サンパウロ市長=収賄容疑で刑事被告人に=「証拠がない」と弁護人  大統領選候補者として決選投票を戦ったフェルナンド・ハダジ元サンパウロ市長(労働者党・PT)が、収賄と資金洗浄の罪に問われ、刑事裁判の被告人となったと、19、20日付現地紙・サイトが報じた。  これは、ラヴァ・ジャット作戦で逮捕されたUTCエンジェニャリア社のリカルド […]
  • 《ブラジル》モロ判事が治安相兼ねたスーパー法相に=ボルソナロ次期政権に入閣=就任めぐり評価は二分=今後のLJの行方は?2018年11月6日 《ブラジル》モロ判事が治安相兼ねたスーパー法相に=ボルソナロ次期政権に入閣=就任めぐり評価は二分=今後のLJの行方は?  パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事は1日、ジャイール・ボルソナロ次期大統領からの、法相、治安相の役目をかねた新たな大臣職への就任依頼を承諾、パウロ・ゲデス次期経済相に続くスーパー大臣誕生が決定的になった。他方、ラヴァ・ジャット作戦の裁きで国民的人気を得た同氏の起用を […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボルソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボルソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]