ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「ルアナ・ドン」との愛称で親しまれ、TVレポーターとしても知られていた女性弁護士のルアナ・デ・アルメイダ・ドミンゴス容疑者(32)が4日、サンパウロ州海岸部のイーリャベーリャにある親類の家にいるところを逮捕された。同容疑者は州都第一コマンド(PCC)に関与している弁護士の一人で、収監中のリーダーたちからの命令を外部の構成員に伝える、伝書鳩の役割などを果たしていた。警察は8カ月前から行方を追っていたが、彼女は昨年11月から、発見された家に身を隠していた。彼女には賞金が出ており、武器密輸者の「近くに住んでいる」との情報で捕まった。彼女がPCCに至るまでに何があったのかも気になるところだ。
     ◎
 リオのファヴェーラで妊婦が腹部を撃たれ、9カ月だった胎児が危険な状態にいることは4日付本頁でもとりあげたが、4日、またしてもリオのリンス・デ・ヴァスコンセロスのファヴェーラで、警察と麻薬の運び屋の銃撃戦に巻き込まれ、ヴァネッサ・サントスちゃん(11)が頭を撃たれて死亡した。リオのファヴェーラでは1週間足らずで4人目の犠牲者が出ている。一体、何が起こっているのか。
     ◎
 4、5日と最低気温が10度を切り、体感的には冬の寒さを体験中のサンパウロ市。夜遅くや寝起きには思わず毛布で身体をくるみたくなるような日々だが、予報によるとこの寒さは今日までで、明日からは陽気が戻り、最高気温も21度位まであがるという。サンパウロ市での7月の最高気温の平均は22度なので、そんなに暖かいとはいえないかも知れないが、厳しい冷え込みの後は太陽がより暖かい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]