ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ、ジウマのPT(労働者党)政権で「影の外務大臣」と称されていたマルコ・アウレーリオ・ガルシア氏(76)が、20日にサンパウロ市の自宅で心筋梗塞を起こし、死亡した。同氏は軍政時代にフランスやチリに亡命後、1979年に帰国してPT結党に参加。カンピーナス市やサンパウロ市で文化局長をつとめた後、ルーラ政権で大統領側近として国際問題を担当。その手腕は、BRICS諸国の首脳たちからも高く評価されていた。その後も、ジウマ氏が昨年、罷免に遭うまでの約13年半にわたり、重要な側近であり続けた。21日にサンパウロ市南部のサンパウロ州議会で行われた葬儀には、ルーラ、ジウマ両氏もかけつけた。
     ◎
 連邦直轄区市警は18日、少なくとも31件の詐欺の容疑でラリッサ・ボルジェス容疑者(29)を逮捕した。同容疑者はブラジリアの高級住宅街に住む評判の美人で、人当たりのよさを利用して人をだまし、車やバイク、携帯電話などを購入。金は後で振り込むといって支払わず、第3者に転売した金で必需品を購入。同様の方法で豊胸手術も行った。「妊娠した」と嘘をついて責任を負わせようとした男性は解雇されそうになり、別の男性には暴力行為にもあっている。男性はくれぐれもご注意を。
     ◎
 20日午後0時30分頃、サンパウロ市南部のショッピング・カンポ・リンポで軍警と市警備隊が窃盗集団と銃撃戦を行い、辺りを騒然とさせた。窃盗犯は5人組で、「カーザス・バイーア」で携帯電話や電化製品を盗んでいたという。5人は逃走したが、銃撃戦で流血した痕跡があったという。軍警らは無傷だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃2018年10月2日 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃  「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」――ベストセラー『バカの壁』(2003年、養老孟司著、新潮社)には、そう書かれている。帯には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、広告には「バカの壁は誰にでもある」という […]
  • 大統領選の行方は、本当に「不透明」か2018年8月28日 大統領選の行方は、本当に「不透明」か  23日のブラジル日本商工会議所の部会長シンポ(7面に詳報)で驚いたのは、口裏を合わせたかのように大半の発表者の口から「大統領選の行方が不透明」という言葉が出てくることだった。つまり極右ボルソナロ、左派のマリナやシロ・ゴメスが当選して極端な経済政策をとって混乱するのでは […]
  • 東西南北2018年6月7日 東西南北  母の日に、サンパウロ州スザノ市の小学校前で、母の日のイベント参加のために集っていた生徒や父兄を守ろうとして強盗を射殺した軍警のカチア・サストレさんのことは、賛否両論を巻き込んで大きな話題を呼んだ。「母親としての見本」と賞賛する一方、「映像で確認しても殺す必要まではなかった」と […]
  • ブラジル大統領選=出馬候補に160件の裁判沙汰=収賄や名誉毀損まで様々=1位は70超のシロ・ゴメス=ほとんどが疑惑を否定2018年4月24日 ブラジル大統領選=出馬候補に160件の裁判沙汰=収賄や名誉毀損まで様々=1位は70超のシロ・ゴメス=ほとんどが疑惑を否定  【既報関連】今年10月の大統領選へ出馬する可能性がある20人の政治家の内、少なくとも15人が関わっている係争案件や捜査、告発の件数は計160件を超していると、22日付現地紙が報じた。  15人への嫌疑は、大型汚職捜査ラヴァ・ジャット(LJ)作戦などに関連する収賄から […]