ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》年金改革成立に舵切る政府=告発阻止より実現難しい?=削減幅の縮小もやむなし=政治改革との二正面作戦か

《ブラジル》年金改革成立に舵切る政府=告発阻止より実現難しい?=削減幅の縮小もやむなし=政治改革との二正面作戦か

テメル大統領(Valter Campanato/Agência Brasil)

テメル大統領(Valter Campanato/Agência Brasil)

 【既報関連】テメル大統領告発受理への賛否を問う2日の採決で、なんとか告発を阻止した政府は、年金制度を含む社会保障制度改革(以下「年金改革」)成立に向けた動きを週明けに再開し、10月末までには上下両院の通過を目指す意向と、4日付現地紙が報じた。

 3日に年金改革の期限を問われたエンリケ・メイレレス財相は、「理想的には10月いっぱいまで、しかし、11月までかかってもよい」との私見を示した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ