ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル研究機関=「イエ蚊もジカ熱を媒介」=世界的科学雑誌に論文掲載

ブラジル研究機関=「イエ蚊もジカ熱を媒介」=世界的科学雑誌に論文掲載

 ペルナンブッコ州のオズワルド・クルス財団(Fiocruz)の研究者たちが、イエ蚊(いわゆるペルニロンゴと呼ばれる尾が長い蚊)の体内から採取された、ジカ熱を引き起こすジカウイルスの染色体の解析に成功した。
 これまでは、ジカ熱の感染はネッタイシマ蚊がウイルスを媒介する事によって引き起こされるとされてきたが、これにより、イエ蚊もジカウイルスを媒介する事が確認されたと、9、10日付現地紙・サイトが報じた。
 調査結果は9日に、科学雑誌ネイチャーグループの、「微生物と感染症の発生」誌(EMI)に、「ブラジルのネッタイイエ蚊によるジカウイルスの複製」のタイトルで公開された。
 Fiocruz昆虫学部門の研究者たちは、研究所内で感染させたネッタイシマ蚊とイエ蚊の腸や唾液腺、唾液の中にジカウイルスが存在する事を確認した上、ペルナンブッコ州都レシーフェ都市圏で既にジカウイルスに感染していたイエ蚊を採集。その体内で形成されたジカウイルスを検出する事にも成功した。
 研究者らは、イエ蚊の唾液腺におけるジカウイルス形成の様子を電子顕微鏡によって撮影する事に初めて成功し、蚊の体内で増えたジカウイルスが、唾液腺に到達する事を証明した。採集したイエ蚊の唾液にジカウイルスがいる事は、採集時に確認済みだった。
 Fiocruzは、この記事は、レシーフェ市都市圏のジカ熱はペルニロンゴを介して伝染した可能性を「実証」したとし、「今後は、ジカウイルスの伝染におけるイエ蚊の役割を理解するために、自然環境における生理学的特徴と行動特性を分析する必要がある」と書面で発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ジカ熱=小頭症児支援の暫定令承認=最賃を生涯年金として支給2020年2月7日 《ブラジル》ジカ熱=小頭症児支援の暫定令承認=最賃を生涯年金として支給  上院が5日、ジカ熱感染が原因で生まれた小頭症児に最低賃金一つ分の生涯年金を支払うための暫定令を承認した。これにより、同件は大統領裁可を待つばかりとなったと同日付現地紙サイトが報じた。年金支給の対象は、15年1月~19年12月生まれのジカ熱感染が原因の小頭症児だ。   […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]
  • 母体のジカ熱感染で、小頭症児が誕生?=ブラジル北東部で大量発生の兆し=懸念すべき証拠無いと保健省2016年10月19日 母体のジカ熱感染で、小頭症児が誕生?=ブラジル北東部で大量発生の兆し=懸念すべき証拠無いと保健省  昨年、北東部を中心にブラジルを震撼させた、妊婦のジカ熱感染に伴う小頭症児大量発生の危機がまた頭をもたげ始めていると18日付エスタード紙が報じた。  北東部パライバ州カンピーナ・グランデ市で先週、母体を通じてジカウイルスに感染したと思われる小頭症児の誕生が確認された。同市 […]
  • 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手2016年6月17日 「リオ五輪のために精子凍結も」=ジカ熱におびえる有名バスケ選手  リオ五輪まで50日を切ったが、国外から参加する選手たちにとって、今回のブラジル行きはちょっとした勇気がいるものとなっている。 その原因となっているのがジカ熱だ。ジカウイルスは長時間、患者の血液や唾液、精子の中で生きており、性交渉やキスでもジカ熱に感染する可能性があることが明ら […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]