ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル研究機関=「イエ蚊もジカ熱を媒介」=世界的科学雑誌に論文掲載

ブラジル研究機関=「イエ蚊もジカ熱を媒介」=世界的科学雑誌に論文掲載

 ペルナンブッコ州のオズワルド・クルス財団(Fiocruz)の研究者たちが、イエ蚊(いわゆるペルニロンゴと呼ばれる尾が長い蚊)の体内から採取された、ジカ熱を引き起こすジカウイルスの染色体の解析に成功した。
 これまでは、ジカ熱の感染はネッタイシマ蚊がウイルスを媒介する事によって引き起こされるとされてきたが、これにより、イエ蚊もジカウイルスを媒介する事が確認されたと、9、10日付現地紙・サイトが報じた。
 調査結果は9日に、科学雑誌ネイチャーグループの、「微生物と感染症の発生」誌(EMI)に、「ブラジルのネッタイイエ蚊によるジカウイルスの複製」のタイトルで公開された。
 Fiocruz昆虫学部門の研究者たちは、研究所内で感染させたネッタイシマ蚊とイエ蚊の腸や唾液腺、唾液の中にジカウイルスが存在する事を確認した上、ペルナンブッコ州都レシーフェ都市圏で既にジカウイルスに感染していたイエ蚊を採集。その体内で形成されたジカウイルスを検出する事にも成功した。
 研究者らは、イエ蚊の唾液腺におけるジカウイルス形成の様子を電子顕微鏡によって撮影する事に初めて成功し、蚊の体内で増えたジカウイルスが、唾液腺に到達する事を証明した。採集したイエ蚊の唾液にジカウイルスがいる事は、採集時に確認済みだった。
 Fiocruzは、この記事は、レシーフェ市都市圏のジカ熱はペルニロンゴを介して伝染した可能性を「実証」したとし、「今後は、ジカウイルスの伝染におけるイエ蚊の役割を理解するために、自然環境における生理学的特徴と行動特性を分析する必要がある」と書面で発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触2018年7月5日 リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触  【既報関連】ベネズエラ人難民流入で、ロライマ州やアマゾナス州で麻疹(はしか)の流行が起き、約500人の患者発生が確認されているが、リオ州でも、同州連邦大学(UFRJ)の学生らが麻疹(はしか)に感染していた疑いが生じ、同校が予防接種キャンペーンを実施する事にしたと6、7日付G1 […]
  • サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!2018年2月3日 サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!  黄熱病などの原因にもなる蚊の対策費用の2017年分支出を、サンパウロ州政府、サンパウロ市役所が共に削っていたことがわかったと、2日付現地紙が報じている。  2017年の保健対策への費用の見積もりは、サンパウロ州で1億9100万レアル、サンパウロ市で1億4300万レアルと、共 […]
  • 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向2018年4月6日 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向  サンパウロ総合大学(USP)とマラニョン州連邦大学(UFMA)が2010年に行った調査により、小頭症は喫煙や飲酒によっても起こりうる事や、ブラジルでは2015年のジカ熱流行以前から、国際的な基準より小頭症児の誕生率が高かった事などが明らかになった。  ブラジルでは2015年 […]
  • 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図2017年5月25日 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図  2015~16年に流行し、ブラジルだけで20万人以上の患者が確認されたジカ熱は、小頭症児の誕生などの問題も引き起こした上、少なくとも10カ国に広がった。  ブラジルのジカ熱ウイルスがどこから持ち込まれてきたかは定かではないが、研究者のグループが、米州大陸で確認されたウイルス […]
  • ジカ熱ワクチン=ブラジルと米国が協力開発=今後は人体での効果確認に2017年9月28日 ジカ熱ワクチン=ブラジルと米国が協力開発=今後は人体での効果確認に  ジカ熱の予防ワクチン開発は人体での効果を確認する段階に入り、米国を訪問中のリカルド・バロス・ブラジル保健相が26日に、ブラジルと米国が今回のテストでも協力する事になったと発表した。  27日付ブラジル国内紙サイトによると、人体でのテストに使うワクチンは、オズワルド・クルス財 […]