ホーム | ブラジル国内ニュース | ベネズエラ危機=トランプ米国大統領が軍事介入示唆=南米諸国から反発の声=ペンス副大統領火消しのラテンアメリカ諸国訪問

ベネズエラ危機=トランプ米国大統領が軍事介入示唆=南米諸国から反発の声=ペンス副大統領火消しのラテンアメリカ諸国訪問

米国のトランプ大統領(左)とペンス副大統領(右)(Joyce N. Boghosian/White House)

米国のトランプ大統領(左)とペンス副大統領(右)(Joyce N. Boghosian/White House)

 【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が、7月末に制憲議会選挙を強行し、自らの独裁体制強化を図る中、南米共同市場(メルコスル)が同国の参加資格停止を宣言するなど、近隣諸国の反発も高まっている。
 そんな中、米国のドナルド・トランプ大統領が11日に、「ベネズエラへの軍事介入の選択肢を捨てていない」と発言し、マドゥーロ体制反対派のベネズエラ国内野党勢力やラテンアメリカ諸国からも反発の声が上がっていると、12~14日付現地各紙・サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ラヴァ・ジャットがラテンアメリカ諸国に飛び火=現・元大統領も捜査対象に2017年2月10日 《ブラジル》ラヴァ・ジャットがラテンアメリカ諸国に飛び火=現・元大統領も捜査対象に  14年3月にブラジルで始まった大型汚職摘発のラヴァ・ジャット作戦(LJ)に関連した捜査がラテンアメリカ諸国で進んでいると8、9日付G1サイトなどが報じている。  16年12月に大手建設会社、オデブレヒト社の現・元幹部77人がブラジルやアメリカで行った報奨付供述など、LJ関連 […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • ジェフェルソンに嬉しい援軍=セレソンのスタメン奪回なるか2015年10月20日 ジェフェルソンに嬉しい援軍=セレソンのスタメン奪回なるか  13日のワールドカップの南米予選対ベネズエラ戦で先発を外されたセレソンの守護神ジェフェルソン(ボタフォゴ)をめぐり、彼を支持する人たちから熱いバックアップが出てきている。 ジェフェルソンは、14年W杯終了後からコパ・アメリカまで、毎試合欠かさず先発し、試合終了までゴールを守り […]
  • ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート2015年10月10日 ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート  8日、チリの首都サンチアゴで行われた、18年ロシアW杯南米地区予選開幕戦で、伯国代表はチリに0対2の敗北を喫した。チリ相手の敗戦は15年ぶり、W杯予選開幕戦の黒星は史上初と手痛い結果となったと9日付伯字紙が報じた。 大黒柱ネイマールを欠く伯国は先発に前回大会経験者8人を並べた […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]