ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル大統領=中国から大きな手土産?=投資など14項目で合意=Brics銀行の支店開設

《ブラジル》テメル大統領=中国から大きな手土産?=投資など14項目で合意=Brics銀行の支店開設

Brics会議でのテメル大統領(Rogério Melo/PR)

Brics会議でのテメル大統領(Rogério Melo/PR)

 中国を訪問中のテメル大統領が、中国の習近平主席らと会い、1日に14項目の合意書を取り交わした。大統領は現在、福建省アモイで第9回Brics主脳会議に出席中だ。同会議は5日に「アモイ宣言」を採択して終わると1~4日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。
 テメル氏が大統領として中国を訪問するのは、昨年8月のG20に続き、2度目だ。大統領は8月31日に北京に着き、ブラジルと中国の企業家向けセミナー(2日まで開催)に出席。2日目の1日は、習主席や李首相との会談後、14項目の合意書に署名した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ