ホーム | ブラジル国内ニュース | ドリア・サンパウロ市長がPSDBとの不仲説否定=アルゼンチン大統領との面会の席で

ドリア・サンパウロ市長がPSDBとの不仲説否定=アルゼンチン大統領との面会の席で

マクリ大統領(右)とドリア市長(@jdoriajr)

マクリ大統領(右)とドリア市長(@jdoriajr)

 サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は14日、アルゼンチンのブエノス・アイレスで、所属の民主社会党(PSDB)、特にジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事との関係悪化を否定した。15日付フォーリャ紙が報じている。
 今回のブエノス・アイレス訪問は、同国のマウリシオ・マクリ大統領と会うためだ。同市長はマクリ大統領に対して「私が政治家として手本にしている人物」と、強い尊敬の念を抱いている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ