ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(63)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(63)

 ほんとに微笑ましいことではありませんか。妻なる私たちの目の届かぬ所で、私たちの主人たちは、あれこれと素晴らしいことをして居るのです。

 今までは子供を育てるために“あくせくの毎日”でしたので、主人がそのような用事で出かける度に「今日もまたでかけるの?」とか、と云う言葉がとっさに出たものでした。
 後では主人もその言葉が聞きづらかったのか、「ちょっと銀行まで行って来るからね」とか、「ちょっと床屋まで行って来るからね」と出かけたものの、もう晩の9時、10時になっても帰ってこないのです。
 そこで姑の二人顔を見合わせて「今日もまたやっぱりその事なのよ」と苦笑したものでした。

 しかし、今では子供たちも大きくなり、未だ教育途上ではありますが、「これでやっと!ちょっと!ほっとした」というところまでこぎつけて来たのですから、せめてこれからでも私たちの主人が青年協会その他の公用で出かける時には、「今日もまた?」と言わずに、「しっかり頑張っていらっしゃい」と喜んで送ってあげよう、と一人ひそかに思うのであります。

 そしてその一つの絆、尊い絆、たとえ私たちの主人が白髪のじいさんになろうとも、それは私たちの子や孫に至るまで、固く強く結んでいってもらいたいものです。

(1982年発行『移民青年隊着伯25周年記念誌』掲載)

4

県人移民80周年記念祭典を迎えて
As Festividades em Comemoracao aos 80 Anos da Imigracao Okinawana no Brasil

 1 第12代県人会長に就任の頃

 日曜日の午後は気分的にもゆったりとした気持ちで体を休める。

 その気分でいる時にトヨとキサ子の姉妹二人が訪ねてきた。そして久し振りに姉妹と語り合った。
 そこへ長男一也のことが話題となり、もう30歳にもなるので早めに嫁探しをせんといけない話しである。これは親として大きな関心事である。

 ところが将来医師を希望しているので、それにふさわしい相手は自分で探し求めるのではないか、と片心本人の心遣いに期待していた。
 それは、彼の生い立ちからして当然親の心情を理解しているものと思うし、苦労して最高学府志望校に学ばせもした。更に日本留学までしていて日本の優れた文化や風俗・習慣を体験している。

 将来その体験を生かすべく期待して留学させたので、その親の思いをしっかり心に受けとめているものと信じて、親の背をみて育った子とばかりに気にもせずその時期を待つことにしているのであった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 第30回武本文学賞=160人が集って祝う=ポ語部門への応募が盛況2013年4月9日 第30回武本文学賞=160人が集って祝う=ポ語部門への応募が盛況 ニッケイ新聞 2013年4月9日 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇2017年10月28日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇   地域別にみると、在住者数の多さに比例してブラジル、ペルー、ハワイ・・・・の順となっている。  特に、ブラジルの788人、ペルーの471人については、両国の最近の政治、経済状況からすると当初予想をはるかに上回る参加者数となっている。    ヨーロッパの諸地域に […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(74)2017年10月11日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(74)  同氏は、「十七八節」にはいくつもの解釈があるが、阿弥陀如来四十八願の十七願・十八願に由来して、人生の臨終に当たっての来迎を待ちわびる悟りの歌、と捉えて開拓先亡者追悼に適している、と推奨したのである。  こうして献楽の儀式に想応しい古典音楽を選定して頂いたのであった。  そ […]