ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州クンビッカ空港=麻薬押収量が10年で3倍に=最も多いのはコカイン

サンパウロ州クンビッカ空港=麻薬押収量が10年で3倍に=最も多いのはコカイン

 サンパウロ州クンビッカ国際空港で押収される麻薬の量がこの10年で急増していると、29日付エスタード紙が報じている。
 今年1~8月に同空港で押収された麻薬は1552キロ(月平均186・6キロ)で、2007年の年633キロ(月平均52・75キロ)の3・5倍(253・7%増)となる。
 押収量が最も多いのは85%を占めるコカインだ。大麻は4・9%、アンフェタミンは4・7%などとなっている。
 ブラジルはコロンビアなどで生産された麻薬をアフリカや中東、欧州などに流す中継点の一つで、押収麻薬の行き先は、アフリカのトーゴや南アフリカ共和国、中東のレバノンなどだったという。合成薬は逆に、スペインやポルトガル、トルコなどから入って来ていた。
 また、麻薬所持のためにクンビッカ空港で逮捕された人は、8月までの時点で232人いた。逮捕者の大半はベネズエラ人かボリビア人だが、組織の親玉クラスの逮捕は10人にすぎず、大半は輸送のために雇われた運び屋だったという。
 また、運ぶ手口も巧妙になり、冷蔵庫の匂い取り用の置物や靴の底、練乳の缶、刷毛の柄などに隠して輸送するケースも増えているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定2016年5月18日 外務省が態度変更明確に=中南米諸国の批判に反論=ベ国外交筋は国交断絶否定  【既報関連】ジウマ大統領停職を受けて発足したテーメル暫定政権が、中南米諸国からの批判に対して矢継ぎ早に外交文書を発行、労働者党(PT)政権との立場の違いを明確にしたと14~17日付伯字紙が報じた。 テーメル暫定政権は12日、ジウマ大統領に対する罷免手続き開始により同大統領が1 […]
  • 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?2016年8月23日 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?  21日に閉幕したリオ五輪で、開催国ブラジルは金7、銀6、銅6と、同国の歴史上、最高のメダル獲得数を記録した。それを巡り、「よくやった」と言う人と「開催国なのに20個にも達しないのでは少ない」と言う人は、国の内外を問わずにいる。だが、これまでの南米における「五輪不人気」の状況を […]
  • 罷免騒動=両陣営の〃宣伝戦〃に発展=国連演説で牽制のジウマ=ゴウピにあらずとテーメル=南米連合民主条項ちらつかせ2016年4月23日 罷免騒動=両陣営の〃宣伝戦〃に発展=国連演説で牽制のジウマ=ゴウピにあらずとテーメル=南米連合民主条項ちらつかせ  ジウマ大統領は、22日に行われた国連総会で地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」に署名するため、21日夜に米国ニューヨーク(NY)入りした。潘基文事務総長が総会での演説は「3分以内で」と釘を刺したにも関わらず、9分も演説したジウマ氏は、スピーチの最後で「伯国民はいかなる政治 […]
  • ジウマ停職に対する反応は=大半の国は当面は静観貫く2016年5月14日 ジウマ停職に対する反応は=大半の国は当面は静観貫く  ジウマ大統領が180日間停職となった報道は世界中を駆け回ったが、大半の国は、伯国の民主主義がこの状況を乗り越えるに足りるだけ成熟している事を信じるといった発言をするに止めていると13日付伯字紙などが報じた。 「オバマ大統領がテーメル暫定政権を公式に認める電話をかける事はない」 […]