ホーム | コラム | 樹海 | 10月はピンクリボン運動の月

10月はピンクリボン運動の月

 2日午後、日本の知人が、コラム子のフェイスブック上の友人に誤って友人申請を送ったら、ポルトガル語で返信してきたから、日本語と英語しかわからないと連絡したが、やっぱりポルトガル語の文書が来た、何とかできないか、と相談してきた▼知人には「週末に会うからその時伝える」と答えたが、知人だけに送った文書とは思えず。念のため、送ってきた時期と内容を訊いたら、文書が送られてきたのは9月末で、ガン治療でカツラを使い始めた人への支援を訴えるものとピンクリボンに関するものの2点と答えてきた▼ポルトガル語はわからないと言いつつ、内容はとらえていた様子は流石だが、10月は世界中で乳ガンの早期発見などを呼びかけるピンクリボン月間だ。ブラジルでは「バラ色の10月」という表現が使われ、ピンクのリボンをつけて歩く人や、乳ガンに関する報道も多くなる▼むろん、乳ガンの発生は年間を通じた事で、早期発見が大切である事も常に言われているが、啓蒙活動が年に1回繰り返される意味は大きい。ピンクリボン運動は1990年に米国で始まり、ブラジルでも2002年から具体的な活動が始まった。この運動期間中は、大統領官邸やリオ市のキリスト像、サンパウロ市イビラプエラ公園の彫像といった、著名な場所や彫像にピンクの照明を当てて、関心を呼び起こす事も恒例行事化している▼ガン患者や家族の苦しみは様々だが、乳ガンの場合、手術後のシルエットの変化で悩んでいた人が手製の詰め物を量産し、多くの人に新しい希望や慰めを与えた話や、カツラ用に髪の毛を寄贈した話なども聞く。早期発見を呼びかけると共に、患者や経験者との体験共有や、支援活動の拡大も願いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]
  • アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?2019年9月17日 アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?  世界的にも珍しい「ブラジル式民主主義」を象徴する慣習を無視――ボウソナロ大統領が5日、次期連邦検察庁特捜局(PGR)長官(日本式に言えば「検事総長」)に、3人リスト(lista […]
  • 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」2019年9月13日 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」  「激動の時代にこそ、芸術は生まれる」。そのようなことは昔から言われる。たしかに「為政者からの圧力が強かったがゆえに生まれた芸術」の例は古今東西、枚挙に暇が無いが、現在、公開中の映画で、伯国史上、初のカンヌ映画祭受賞作(審査員特別賞)となった「バクラウ」は、まさにそんな […]
  • 9・11と黄色い9月2019年9月12日 9・11と黄色い9月  11日朝、「米国の同時多発テロ事件から18年」との報道が続いた。時の流れの速さに驚くと共に、余りにも鮮明に記憶に残る事件の一つだと痛感する。飛行機が相次いでビルに突っ込み、爆発的な火災が発生。多くの死者は遺体さえ発見されていないし、近接ビルの屋上から多くの骨片回収との報道もあ […]