ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル五輪委(COB)会長逮捕=COBはIOCから暫定資格停止処分に

ブラジル五輪委(COB)会長逮捕=COBはIOCから暫定資格停止処分に

5日に連行されたカルロス・アルトゥール・ヌズマン氏(左)(Tânia Rêgo/Agência Brasil)

5日に連行されたカルロス・アルトゥール・ヌズマン氏(左)(Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 【既報関連】ブラジル五輪委(COB)会長のアルトゥール・ヌズマン氏が5日朝、連警のアンフェアプレー作戦第2弾により、リオ市の自宅で逮捕された事で、国際五輪委(IOC)は6日、ヌズマン氏とCOBを暫定的に資格停止処分とする事を発表した。
 IOC側の声明によると、この決定は、ヌズマン氏がリオ五輪招致活動時に投票権を持つIOC委員たちの買票工作に関わっていた容疑で逮捕された事に基づいてとられたという。
 今回の決定により、ヌズマン氏は2020年の東京五輪調整委員会から外され、IOCの名誉委員としての役割も停止される。
 COBに関しては、IOCからの補助金が凍結され、COBはブラジルの五輪委員会としての権利を行使できなくなる。
 今回の決定は、韓国の平昌で来年開かれる冬季五輪や、その他のIOC主催大会に参加予定のブラジル人選手団には影響しない。またブラジル人選手のための支援金も引き続き支払われる。
 IOCは、今年も活動しているリオ五輪の組織委員会について、IOCはブラジルが直面している経済危機を考慮し、2016年12月までに、契約上の義務よりずっと高い金銭的貢献をしてきたと述べた。
 IOCとリオ五輪組織委員会の関係も暫定的に中断される。(6日付アジェンシア・ブラジルなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ