ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=議員停職の権限は議会に=判事投票6対5の大接戦で=カルメン長官が最後まとめる=アエシオ氏の今後は上院で

《ブラジル》最高裁=議員停職の権限は議会に=判事投票6対5の大接戦で=カルメン長官が最後まとめる=アエシオ氏の今後は上院で

11日のカルメン・ルシア長官(Lula Marques/AGPT)

11日のカルメン・ルシア長官(Lula Marques/AGPT)

 11日、最高裁が、実際の審理を行う前の予備的措置として連邦議員に停職などの処分を下した場合、その実行には議会の承認が必要であることを決めた。同件の審理は大接戦で、最後にカルメン・ルシア長官が1票を投じた結果、6対5で決まった。13日付現地紙が報じている。

 今回の審理は、9月26日に最高裁第1小法廷がアエシオ・ネーヴェス氏に下した、収賄容疑での停職ならびにパスポート没収と夜間外出禁止などの予備処分に対し、上院が異議申し立てを行ったことに端を発した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ