ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 来年の大統領選に関する支持率調査では、ルーラ氏1位、ボルソナロ氏2位の状況が続いているが、現時点では3位で、10年、14年の大統領選での得票も3位だったマリーナ・シウヴァ氏に出馬危機説が流れている。その理由としてあげられているのは、彼女が所属する小政党レデ(持続可能政策ネットワーク)が資金難にあえいでいることや、小さな政党でありながら意思疎通がうまくいかず、他党との連立の件で意見が分かれて、内部分裂の状態にもあるのだという。ルーラ氏が収賄容疑の裁判を抱え、ボルソナロ氏が差別傾向の強い極右路線の中、クリーンな人格者的イメージのマリーナ氏がこの状態。大統領選は混迷のままだ。
     ◎
 ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が30日に、「家賃のインフレ指数」としても知られる総合市場物価指数(IGP―M)の10月の値が0・2%増だったと発表した。今年1月からの累積指数はマイナス1・91%、昨年11月からの過去1年間の累積指数はマイナス1・41%となった。今年は4~7月と4カ月連続でマイナスを記録していたからだ。「年に1度の家賃値上げ」と大家さんに言われたら、「IGP―Mは下がっているよ」と言い返すのも良いだろう。
     ◎
 サッカーの全国選手権で、急ブレーキの首位コリンチャンスは、29日の試合でもポンテ・プレッタに0―1で敗戦。幸い、3位サントス、4位グレミオには勝ち点差を縮められなかったが、ここへ来て調子上昇中の昨年王者で2位のパルメイラスが30日の試合に勝てば、勝ち点差は3に縮まる。さて、11月5日の直接対決はどうなる?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2017年4月25日 東西南北  23日はフランスで大統領選挙の一次投票が行われ、ブラジルでもニュースやネット上でかなり注目を集めた。ブラジルでは、他国のことなのに自国の現状と比較して批判などをしはじめる人が少なくなく、元財相のマクロン氏と極右のル・ペン氏が決選投票に進むとわかると、「極右が強い今だからこそ、 […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]