ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■森口イグナシオ忠義さん

■訃報■森口イグナシオ忠義さん

森口イグナシオ忠義さん

森口イグナシオ忠義さん

 ブラジル日本移民史料館の現運営委員長で、サンパウロ日伯援護協会の元会長の森口イグナシオ忠義さんが24日未明、サンタクルス病院で亡くなった。享年83。
 森口さんは1935年2月1日、サンパウロ州サントス市生まれ。43年、海岸部の枢軸国人に対する二十四時間以内の強制立ち退き令を受け、一家はバストス市に移り住んだ。
 その後、サンパウロ市に移り、USP工学部建築科を卒業。71年に建築設計会社を設立した。翌年にはマウア技術大学工学部建築科教授に就任した。
 2007年から4年間、援協の会長を務め、09年の援協創立50周年には援協本部ビルの落成を成し遂げた。
 12年に移民史料館の運営委員長に就任。来年の日本移民110周年、同館40周年に向けて同館の改修計画を進めている最中だった。
 葬儀は24日16時にラッパ墓地で葬儀が執り行われた。追悼礼拝は12月2日午後3時から、サンパウロ市のホーリネス・ボスケ教会(Rua Guiratinga, 980 – Bosque da Saude)で行なわれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える2018年8月9日 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える  ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は「笠戸丸表彰」の表彰式を、24日午後2時から文協大講堂で開催する。節目の年を記念して、日系社会の発展や日伯両国の関係強化において顕著な貢献をした110の個人と団体を称える。  全伯から187の推薦を受け […]
  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]
  • 沖縄移民110周年=国内外から700人、式典盛大に=島袋会長「心の遺産の継承を」=国境越え絆深めるウチナーンチュ2018年8月8日 沖縄移民110周年=国内外から700人、式典盛大に=島袋会長「心の遺産の継承を」=国境越え絆深めるウチナーンチュ  【既報関連】3日間に渡って盛大に催されたブラジル沖縄県人移民110周年記念行事の最終日の5日、式典がジアデマ市のブラジル沖縄文化センターで行われた。母県や国外からの慶祝団をあわせて約700人が出席。沖縄県人325人を乗せた笠戸丸移民から110年の県系人社会の歩みに思い […]
  • 日本祭り=大舞台で日本の伝統芸能披露=舞台でボランティアに感謝も2018年7月31日 日本祭り=大舞台で日本の伝統芸能披露=舞台でボランティアに感謝も  県連日本祭り3日目の22日、ブラジル日本移民110周年記念式典が行われた大舞台では太鼓演奏や歌謡曲、マジックなど多くの日本伝統芸能が発表された。  舞台コーディネーターを務めるボランティアのマツシタ・ローザさんが全ボランティアに顕彰を行なうなど、感動的な場面も見られ […]