ホーム | 日系社会ニュース | 日本デュー狙う中島幸夫さん=INB紅白歌合戦の見どころ=美空ひばり生誕80周年企画も

日本デュー狙う中島幸夫さん=INB紅白歌合戦の見どころ=美空ひばり生誕80周年企画も

10月の国際日系人歌謡大会で優勝した時の中島さん(左から4人目)

10月の国際日系人歌謡大会で優勝した時の中島さん(左から4人目)

 12月3日午前9時からサンパウロ市の文協大講堂でブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB、北川好美会長)が開催する『第23回ブラジル紅白歌合戦』の主な見どころは次の二つ。白組の午前中のトリとなる中島幸夫さん(38、三世)と、途中に1時間半ほど挟み込まれる特別企画「美空ひばり生誕80周年〃不死鳥よ…永遠に!〃」だ。

 中島さんは元々民謡の歌い手だ。2015年にブラジル日本民謡協会主催した「第48回日本民謡ブラジル大会」で優勝、当時の民謡歴はわずか2年だった。今年5月の『第2回本荘追分ブラジル大会』でも優勝、8月に秋田県由利本荘市で行われた第34回本荘追分全国大会にブラジル代表として出場、見事に7位に入った実力の持ち主。
 その勢いで、10月に海外日系人協会が主催した国際日系人歌謡大会でも細川たかしの「北緯50度」を歌って優勝。本人は「細川たかしの歌が一番好き。あの声の高さと伸び、パワーが凄い。自分もあんな風に歌いたいといつも思っている」と語った。
 「いつか日本で歌手になりたい。その夢を実現するために来年の日本アマチュア歌謡連盟全国大会にブラジル代表として出場し、良い成績をとりたい」との抱負を語った。北川朗久INB前会長も教え子の頼もしい姿を前に、「エドゥアルドもそれで優勝して日本ビューを飾った。中島も頑張ってほしい」とエールを送った。彼の歌が紅白の午前中のトリで披露される。

福島県いわき市塩屋埼灯台下の「美空ひばり遺影碑」(出典:Wikimedia Commons)

福島県いわき市塩屋埼灯台下の「美空ひばり遺影碑」(出典:Wikimedia Commons)

 もう一つの見どころは美空ひばり特別企画だ。終戦直後の1949年にデビューし、わずか12歳で「悲しき口笛」を歌って、当時史上最多の45万枚打ち上げ記録を打ち立てた。そこから「東京キッド」「柔」「悲しい酒」などの代表曲を連ねて、「終わりなき旅」「川の流れのように」まで17曲を、当日はコロニアを代表する歌手が次々に登場して歌いあげる。
 その合間合間に総合司会の藤瀬圭子さんから語られるひばり物語(北川朗久さん企画)も聞きどころだ。興味深いひばりの人物像や歌のエピソードが織り込まれ、歌が発表された当時を思い出させる。
 生伴奏はNAK・BAND。入場は無料だが、代わりに腐らない食料1キロか清掃用品の寄付を受け付けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]