ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦=「来年が最終決戦になる」=3州担当検事が作戦会議=「捜査の最大の障害は政治家」とも

《ブラジル》汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦=「来年が最終決戦になる」=3州担当検事が作戦会議=「捜査の最大の障害は政治家」とも

デルタン・ダラグノル検事(Pedro de Oliveira/ALEP)

デルタン・ダラグノル検事(Pedro de Oliveira/ALEP)

 パラナ州、サンパウロ州、リオ州のラヴァ・ジャット作戦担当検事たちが27日にリオ市に集い、来年の捜査方針を決定する会合を開いたと、28日付現地各紙・サイトが報じた。
 会合後、検察庁クリチバ支部でラヴァ・ジャット作戦を担当するデルタン・ダラグノル検事は、「来年はラヴァ・ジャット作戦にとり、最終決戦の年となる」と発言し、捜査にかける意気込みを見せた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ