ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ジャナイーナ氏、正教授試験通らず=ジウマ罷免の際に活躍も

《ブラジル》ジャナイーナ氏、正教授試験通らず=ジウマ罷免の際に活躍も

 サンパウロ総合大学(USP)が、ジウマ大統領の罷免時に有名になった同大学教員のジャナイーナ・パスコアル氏に対し、「大統領罷免時の活躍は正教授として採用するための学術評価とは別物」との見解を示していたことがわかった。11月30日付現地紙が報じている。
 ジャナイーナ氏は、ジウマ大統領罷免請求書の作成者のひとりで、同件に関する議会での審議にも参加。発言を求められた際の情熱的かつ激しい言動で報道メディアから注目され、一躍、全国的な有名人となった。
 だが、知名度はあがっても、大学での出世にはつながらなかった。ジャナイーナ氏は9月、同僚2人と共に同大学法学部の正教授の座を巡って争ったが、定員2人のところを3位に終わり、大学側に抗議していた。ジャナイーナ氏は2003年からUSP法学部で教鞭をとっている。
 この抗議書を受け、同大のサロモン・シェカイラ法学部長らは、「ジャナイーナ氏は、大統領罷免やベネズエラ国民のための戦い、ブラジル弁護士会(OAB)の委員会や刑法刑務所委員会の委員会での活動を行ってきたのに、コミュニティーへの貢献が見られないと評価されたとして、不服を申し立てているが、これらの活動は学術的な評価には関係ない」との見解を示した。
 ただし、ジャナイーナ氏が不合格になった最大の理由は、「刑法と宗教」という題の学術論文の点数が低かったためだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著2018年11月7日 PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著  PTハダジ候補者は、ルーラ元大統領との「へその緒で結ばれた関係」から生ずる利益と負債を、同時に獲得した。  イボッペ選挙調査によると、9月中旬わずか7日間で支持率が11%急上昇し、大統領選挙戦第2の地位を固めた。1週間前のダッタ・フォーリャ選挙調査によると、拒絶率も […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表するサンパウロ州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 東西南北2016年4月7日 東西南北  下院でジウマ大統領罷免に関する動きが進むのと並行して、いろんな主張が外で行われている。最高裁のアウレーリオ・メロ判事は、エドゥアルド・クーニャ下院議長に対し、シジ・ゴメス元教育相から出されたミシェル・テメル副大統領の罷免請求を受け付けるようにとの命令を下した。一方で、10年、 […]