ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ガイゼル大統領が74年に政治犯粛清を了承=CIA報告書で事実発覚=民主化促進イメージの裏で

《ブラジル》ガイゼル大統領が74年に政治犯粛清を了承=CIA報告書で事実発覚=民主化促進イメージの裏で

ガイゼル大統領(Presidência da República)

ガイゼル大統領(Presidência da República)

 軍政時代の1974~79年に大統領職を務めたエルネスト・ガイゼル氏(1907~96年)が、反体制派の政治犯の粛清を了承していた事実を記した記述が米国CIAの所管文書から見つかったことが明らかとなった。11日付現地紙が報じている。
 同件は、ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)のマチアス・スペクトル調査員の研究で明らかになった。その記述を書いたのは、1974年当時にCIAのディレクターだったウィリアム・コルビー氏で、当時のヘンリー・キッシンジャー長官宛ての報告書に書かれていたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ