ホーム | 日系社会ニュース | USP茶道講座修了茶会=優秀な学生が薄茶でもてなし

USP茶道講座修了茶会=優秀な学生が薄茶でもてなし

茶会の様子

茶会の様子

 毎年、サンパウロ州立総合大学で3月から開講される茶道講座の総括として、『修了茶会』並びに『華展』が、先月25日、同大学の日本文化研究所にて行われた。
 毎年約30人の学生が茶道を学ぶ同講座。茶道裏千家ブラジルセンターの林まどかさんによれば、「最後まで残る学生が少ないなか、今年は例年になく熱心な生徒が多かった。点前も薄茶を習得した学生もいた」と笑みを浮かべた。茶会では、タピオカを使って、花を模った手作りのお菓子が準備されたという。
 今年は、先輩のロベルト・ネーベスさんが、10月に急逝し、悲しみに包まれていたが、同大学の茶道講座で育った先輩たちが、新入生を上手に補佐し、和気藹々の茶会となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ