ホーム | コラム | 樹海 | 再び「友好の1日」に参加して

再び「友好の1日」に参加して

兄の太鼓の応援も得て、バンド演奏で歌う歌手

兄の太鼓の応援も得て、バンド演奏で歌う歌手

 10日の日曜日、サンパウロ市東部にある日本人会会館で、橘和音楽教室の生徒や招待客らが、音楽を楽しみ、人との和を楽しむ「友好の1日」が開催された▼例年は11月の最終日曜日に行われていたイベントは、孫の1歳の誕生日だから日付を変えて欲しいとの要請で、12月に変更された。他団体の行事と重なったり、家族の入院などで参加できない人も出たが、橘和バンドの演奏で歌う歌手やキーボードの演奏者、コーラスの参加者だけで優に100人を超えた▼1歳の子供から90代の大人までが集う会は、お弁当が予定の時刻に着かず、CDで歌いたい人に時間を割り当てるといったトラブルもあったものの、和気藹々の雰囲気の中で進んだ。通常のカラオケ大会と違い、参加者の家族などに審査を頼んでの紅白は、欠席者が少なかった白組が僅差で優勝。全員が、歌や音楽と共に、人との出会いや交流の深まりも楽しんだ▼橘和家は、両親と子供4人に婿2人でバンド演奏を担当、孫もボーカルを務める。音響は息子と嫁が担当するから、本当に家族総出での参加だ。仕事や健康、その他の条件を整えて、一つのイベントを行う事は決して楽な事ではない。しかし、本当に音楽好きで、生徒達を大切にしてくれる一家だから、橘和保江氏が指導する歌唱(カラオケ)や、長女の桑原早苗氏が教えるキーボードやコーラスの生徒、招待客も喜んで参加している▼歌ったり演奏したりする前の緊張感はやはりあるが、出だしを間違えてもバンドがあわせてくれたりといった呼吸は流石だ。趣向を凝らした衣装や、歌に合わせた踊りが飛び出すなど、和やかな雰囲気に、参加者は時間も忘れて酔いしれた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]