ホーム | 日系社会ニュース | 89℃コーヒー・ステーション=東洋街に丸海グループ新店舗

89℃コーヒー・ステーション=東洋街に丸海グループ新店舗

店員が一杯ずつ淹れるカフェ・コアード

店員が一杯ずつ淹れるカフェ・コアード

 丸海グループ(グオ・ジョニー社長)は、喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」(Praça da Liberdade, 169)を19日、聖市のリベルダーデ広場に開店した。日本の喫茶店をイメージした店内ではコーヒーやケーキ等のほか、弁当や清涼飲料水も販売している。
 飲み物はコーヒーからお茶、ホットチョコレートなど幅広く約30種を取り揃え、その場で豆を挽き一杯ずつ淹れる日本式ドリップコーヒー(カフェ・コアード)も。飲み物は4~13レ、コシーニャやサンドイッチなどの軽食は7~23・5レとなる。

店舗の内装

店舗の内装

 日本で3ヵ月ほど研修したパティシエが作っているシュークリームやケーキ、トルタなどの甘菓子は7~13レ。ホールケーキの予約注文も受け付けており、1キロ80レになるそう。
 グオ社長によると、季節ごとにお菓子の種類を変えるそうだ。現在はケーキの上にサンタや熊の形のクッキーが載ったナタウのケーキが販売されている。
 開店時間は午前7時半から午後8時まで。
 問合せは(11・3203・1108、同・3203・0996)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 「日本式」を意識した89℃コーヒー・ステーション。お洒落な店内のあちこちに、こっそりと狸の置物や刀、日本の風景写真などが飾られていて、見つけるのも楽しい。抹茶シュークリームや抹茶ラテなどの抹茶メニューに使われている原料は、日本からの輸入品だ。店名の「89℃」は、カフェ・エスプレッソを淹れるのに一番良い温度からとったそう。使われているコーヒー豆はミナス州のセラードにあるナカオ・ミツオ農場のもの。店内で豆の販売もしているので、気に入った人は購入も可能。豆と挽いた状態の2種類あり、注文すれば店内で挽いてくれる。コーヒー好きは「一飲」の価値あり?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売2019年10月1日 進化続けるMNラーメン=味噌に続いて有機しょうゆ発売  2012年にモジ市中心部にオープンしたMNラーメンは開店から7年がたち、独自の進化を続け、その評判は地元ブラジル人にも知れ渡って来た。何が進化と言えば、親会社のMNプロポリス社(和田カルロス社長)は、2018年には有機味噌、今年は本醸造有機丸大豆甘口しょうゆ「伯魂」を […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]