ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ氏のPSL移籍決定=反発した党員が大量離脱=選挙放送時間でダメージも=住宅スキャンダルも噴出

《ブラジル》ボルソナロ氏のPSL移籍決定=反発した党員が大量離脱=選挙放送時間でダメージも=住宅スキャンダルも噴出

ボルソナロ氏(右)と息子のエドゥアルド氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

ボルソナロ氏(右)と息子のエドゥアルド氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 5日、大統領選の世論調査で支持率2位の極右政治家、ジャイール・ボルソナロ下議が社会自由党(PSL)に移籍することが正式に決まった。だが、7日には、クリーンであることを主張する同氏に資産倍増スキャンダルが報じられるなど、同氏にとって、大統領選の年は波乱含みのはじまりとなった。6、7日付現地紙が報じている。

 元軍人のボルソナロ氏は、同性愛者、女性、黒人、ユダヤ人などに対する差別主義的な発言で、ネットを中心に話題を集めており、左翼のルーラ元大統領や労働者党(PT)がラヴァ・ジャット作戦などで社会的な批判の対象になる中で、その支持率を上げていった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ