fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 2審有罪のルーラ被告=今年の大統領選に強行出馬表明=フィッシャ・リンパ法の隙間かいくぐり=今後次々に降りかかる訴訟

2審有罪のルーラ被告=今年の大統領選に強行出馬表明=フィッシャ・リンパ法の隙間かいくぐり=今後次々に降りかかる訴訟

TRF4のジェブラン・ネット報告官(Sylvio Sirangelo/TRF4)

TRF4のジェブラン・ネット報告官(Sylvio Sirangelo/TRF4)

 サンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅を介した収賄と資金洗浄の第2審裁判が24日、南大河州ポルト・アレグレの第4地域裁(TRF4)で行なわれ、ルーラ元大統領は1審よりも重い、禁錮12年1カ月の判決を受けた。それにも関わらず、ルーラ氏ならびに労働者党(PT)は、同裁や上級裁判所に「判決不服」の申し立てをしてフィッシャ・リンパ法の隙間をかいくぐり、大統領選立候補強行を宣言した。だが今後、別の刑事裁判がが、続々とルーラ被告に降りかかりそうだ。26日付現地紙が報じている。

 ルーラ氏は判決後に行なったサンパウロ市のレプブリカ広場での抗議集会に参加し「所有していない物件で有罪にされた」と反論した。PT側も今回の裁判を「仕組まれたもの」としてルーラ氏を大統領選候補として正式宣言し、裁判結果に全面対決する姿勢を明確にした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ