fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》3歳男児が黄熱病ワクチンの接種から7日後に死亡=死因は副作用との疑いも

《ブラジル》3歳男児が黄熱病ワクチンの接種から7日後に死亡=死因は副作用との疑いも

 ブラジルのサンパウロ州やミナス州、リオ州では、多くの住民が黄熱病の予防ワクチンの接種をもとめ、公共医療機関に列を作り、行政もワクチン接種整理券の配布など、必死の対応を迫られている。
 そんな中サンパウロ市の西隣オザスコ市では、黄熱病予防ワクチンを接種した3歳半の男の子が7日後に命を落とした。
 黄熱病ワクチンは副作用の危険性があり、生後9カ月未満の乳児や、妊婦、65歳以上の高齢者には接種が推奨されていない。また卵アレルギーやゼラチンアレルギーのある人も注意が必要だ。
 亡くなった男の子の家族によると、ワクチン接種に際し、小児科医からの許可は得ていたという。
 男の子は12日にワクチンを接種した。副作用が始まったのはその翌日13日で、強い吐き気に襲われ、39度の高熱を出した。
 14日に病院にいくと、鎮痛剤を処方されたがその後も容態は改善しなかった。17日に再び病院にいったが、そこでも風邪と診断され、家に帰された。「別の治療は全く行われなかった」と男の子の父親は語っている。
 吐き気もおさまらず、19日に三たび病院に行ったが、発作は酷くなり、心肺停止も起こったので蘇生措置が行われ、一時は持ち直すも、息を引き取った。
 病院側は、黄熱病ワクチン接種の事を両親から知れされたのは19日だとしている。だが、両親は「最初に連れていったときからワクチンの事を伝え、すぐに入院させて欲しいと伝えていた」としている。
 男の子の死因は黄熱病ワクチンの副作用ではないかと疑われ、現在死因の鑑定が進められている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]
  • 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」2020年10月30日 《ブラジル》国民皆保険制度を大統領令で民営化?=国民の不満爆発で撤回「コロナの最中に」「憲法違反」  ボルソナロ大統領は28日、国民や医療団体からの猛烈な反対を受け、前日発表した統一医療保健システム(SUS、国民皆保険制度)を民営化するための大統領令を撤回した。28、29日付現地紙、サイトが報じている。  大統領は27日、パウロ・ゲデス経済相が、保健所(UBS)を公 […]
  • 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆2020年10月30日 《ブラジル》Anvisaがワクチンの原材料の輸入を許可=コロナバック4千万回分=ドリアは1億回分購入示唆  【既報関連】国家衛生監督庁(Anvisa)が28日、新型コロナに対する中国製のワクチン「コロナバック」4千万回分を生産するための原材料の輸入を認めたと28、29日付現地紙、サイトが報じた。  原材料輸入はサンパウロ市のブタンタン研究所が9月に「例外的措置」として申請 […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]