ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市レアレンゴ=救急車の中で男性射殺!=他の医療機関で検査の帰り

リオ市レアレンゴ=救急車の中で男性射殺!=他の医療機関で検査の帰り

 3日午後11時40分頃、リオ市西部レアレンゴ区のアルベルト・シュヴァイツァー病院前で、別の医療機関で検査を受けて戻ってきた患者を乗せた救急車が襲われ、患者が射殺される事件が起きたと4、5日付現地紙、サイトが報じた。
 事件が起きたのは同病院の門に程近いグアルーリョス街で、ホンダのシティに乗り、機関銃で武装した4人組が救急車を止め、運転手に降りるよう命じた。4人組はその後、後部扉を開け、看護婦に後ろを向くよう命じた上で、15発以上を発射。患者は即死した。
 同病院の関係者によると、警察の監視下で入院中の犯罪者を連れ出すための院内侵入は頻繁に起きているが、患者を殺す例は稀だという。
 殺された患者の名前はミカエル・バルボーザ・ダ・クルスで、検査後は別の病院で手術を受ける事になっていたという。
 リオ市では、2日夜~3日夜に少なくとも8人が殺された。犠牲者最多は同市北部シャパダン複合スラムでの4人で、同市西部のシダーデ・デ・デウスやプラッサ・セッカ、バングー、同市南部のロッシーニャでも各1人が死亡した。
 また、医療機関や医療関係者が巻き込まれる暴力事件も後を絶たない。昨年10月には、マレー複合スラムの救急医療機関(UPA)に乗り込んだ武装集団が、同UPA内で治療を受けていた仲間を救出する際、UPA内にいた医師を救急車に押し込み、一緒に連れ出すという事件も起きた。同医師は3時間半後、別の車で戻ってきたが、その間に、バイシャーダ・フルミネンセの診療所で連れ出された患者に治療を施している。
 同市で発生する銃撃戦をリアルタイムで知らせるアプリケーションによると、3日朝7時15分~4日午後4時7分は銃撃戦が17回起きた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラグアイ=新大統領にマリオ・アブド氏=コロラド党政権70年超に2018年4月24日 パラグアイ=新大統領にマリオ・アブド氏=コロラド党政権70年超に  パラグアイで22日に行われた大統領選挙で、中道右派で与党コロラド党のマリオ・アブド・ベニテス候補(46)が、中道左派で野党リベラル党のエフライム・アレグレ候補(55)らを抑えて当選したと23日付ブラジル国内紙、同サイトが報じた。 […]
  • 《リオ市》地域リーダーの男性射殺=マリエーレ氏の件で市議の供述後2018年4月11日 《リオ市》地域リーダーの男性射殺=マリエーレ氏の件で市議の供述後  8日、リオ市西部タクアラ地区の地域リーダーの一人で、リオ市議のマルセロ・シシリアーノ氏(人道連帯党・PHS)の協力者だったカルロス・アレッシャンドレ・ペレイラ氏(37)が射殺された。3月14日に射殺されたマリエーレ・フランコ市議(社会主義自由党・PSOL)の捜査でシシリアーノ […]
  • リオ版「ウィ・アー・ザ・ワールド」誕生へ=音楽アーティストたちが崩壊するリオのため立ち上がる2018年4月13日 リオ版「ウィ・アー・ザ・ワールド」誕生へ=音楽アーティストたちが崩壊するリオのため立ち上がる  アメリカを代表する音楽アーティストたちが大挙し、アフリカの飢餓救済のためのチャリティ・ソング「ウィ・アー・ザ・ワールド」を発表したのは1985年。  それから33年。ブラジルを代表する音楽アーティストたちがリオに集まり、犯罪や暴力抗争の悪化で統治困難な状況に陥っているリオの […]
  • リオ市警が積荷強盗の一味摘発=盗品の販売網も完備?2018年4月5日 リオ市警が積荷強盗の一味摘発=盗品の販売網も完備?  リオ市警と同州検察局が4日、リオ市北部で積荷を盗んでは売りさばいていた強盗団を摘発し、7人を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。  検察によると、この強盗団は市内の麻薬密売組織と組み、2017年以降、積荷強盗を繰り返しては売りさばき、その利益を犯罪組織と山分けしていたとい […]
  • リオ最大のミリシア摘発=成人142人の大捕り物2018年4月10日 リオ最大のミリシア摘発=成人142人の大捕り物  7日朝、リオ市西部サンタクルース区の農園で同州最大のミリシア(犯罪者による民兵組織)が摘発され、6日に始まったパーティの参加者400人超の内、成人142人、未成年7人が身柄を拘束されたと7~9日付現地紙、サイトが報じた。  「リーガ・ダ・ジュスチッサ(LJ)」と呼ばれるミリ […]