ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》主要チーム4月1日から20日まで活動休止=選手たちに集団休暇付与

《ブラジルサッカー》主要チーム4月1日から20日まで活動休止=選手たちに集団休暇付与

フラメンゴ戦では6万人を超える観客で埋まるマラカナンスタジアムも、この後、野戦病院に変わる(リオ州文化局)

 新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の流行に伴い、ブラジルの国内サッカーの試合は3月中旬から中断している。ブラジルの主要サッカークラブの首脳陣が26日にビデオ会議を開き、4月1日から20日までの間、選手たちに集団休暇を与えることを決めた。COVIDー19による災禍がさらに拡大した場合は、休暇の期限をさらに10日間延長できる。
 首脳陣からは、選手たちの給料を一律で25%削減する案も出たが、これは選手会側に拒否された。
 現在中断しているのは州選手権やブラジル杯の試合で、最も重要な大会全国選手権は5月3日からの開幕予定だ。
 州選手権を中断することなく再開し、それが終わった後に全国選手権を行うと、日程がかなりきつくなるため、一部からは「全国選手権で2002年まで行われていた、『1回戦総当たりのリーグ戦+その順位を基にした決勝トーナメント』方式を今年に限って復活させては」との声も出たが、却下され、全国選手権の1部、2部は従来通りのホーム・アンド・アウェーの2回戦総当たり方式で行うことが決まった。
 それでも、3月中旬から中断し、空白期間ができたことで、これまでも過密だった日程をどのように消化するかといった問題は残る。今年は6月12日から7月12日まで予定されていたコパ・アメリカも、7月22日から8月7日まで予定されていた東京五輪も来年に延期されたが、もともと、ブラジルの国内サッカーはその期間中もスケジュールが組まれていたため、コパ・アメリカや東京五輪の中断で、日程に余裕ができたわけではない。
 12月第1週の日曜に設定されていた全国選手権の最終節を今年いっぱいまで遅らせるべきという声は既に出てきているが、そうすると、ブラジルのチームがリベルタドーレス杯で優勝した場合のクラブワールドカップと重なってしまう。
 リオ州選手権では、3月16日に中断を決めた際、中断期間を3月いっぱいの15日間としていたが、その中断期間も、4月いっぱいと、1カ月延びた。(27日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 《記者コラム》パンデミックという「自然の逆襲」から何を学ぶか?=未来の世代にツケを回し続ける対処法への疑問2021年1月12日 《記者コラム》パンデミックという「自然の逆襲」から何を学ぶか?=未来の世代にツケを回し続ける対処法への疑問  年明け早々の7日、ブラジルでのコロナ死者が20万人の大台を超えた。コラム子が生まれ育った静岡県沼津市の人口がちょうど約19・5万人。それが消滅したぐらいのインパクトだ。  このパンデミック生活の中で西洋社会的な風潮、「Combater(撲滅する、打ち勝つ)」「Gue […]
  • 東西南北2021年1月8日 東西南北  6日に米国ワシントンDCの連邦議会議事堂で起こったトランプ大統領支持者たちによる暴動事件は、「民主主義を脅かすもの」として全世界的に恐れられ、非難の的となった。だがブラジルで目立った意見は、「これは2022年のブラジルの姿だ」というもの。つまり、ボルソナロ大統領がこの年に行わ […]
  • 特別寄稿=新しいブラジル日系社会の夜明け=ニッケイ新聞を応援する会発足 アチバイア在住 中沢宏一2021年1月8日 特別寄稿=新しいブラジル日系社会の夜明け=ニッケイ新聞を応援する会発足 アチバイア在住 中沢宏一 サビアーの鳴き声とともに朗報  私はコロナ禍自粛生活に入って早寝早起きで、二時には目が覚める。ニッケイ新聞デジタル版のニッケイ社会ニュースを見ていたら [ニッケイ新聞/ニッパク新聞を応援する会]が目にとまりました。  代表世話人・矢野敬崇、世話人・下本八郎 […]