ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよかった」と怒りが収まっていない。言動の是非はともかく、ネイマールが人種問題について具体的に言及したことが話題となっている。他方、明日からはいよいよリベルタドーレス杯が再開される。明日は早速、サントスがオリンピア(パラグアイ)と対戦。以降、水曜にはパルメイラス、木曜にはサンパウロと、サンパウロ州勢は順次、試合を行っていく。
     ◎
 リオ市では14日から映画館や劇場が再開されはじめた。これは、11日にマルセロ・クリヴェラ市長が了承したことで有効となった。観客数は50%が上限となっている。また、リオ州では労働地裁の判断で、リオ市を除く全ての地域で、14日からの私立校の授業再開が認められた。サンパウロ州でも、州全域で外出自粛緩和レベルがレベル3に達したことで、授業再開に関する議論が活発化することが予想されており、リオがどういう手本になるかが注目される。
     ◎
 12、13日と真夏日が続いたサンパウロ州。予想されたように、海岸部は人で溢れたが、サンパウロ市内でも一般のコンドミニオやアパートのプールが、子どもたちを中心に人で溢れる光景が見られた。予報によると、サンパウロ市には週のはじめに寒冷前線が到来するが、雨は多くないという。むしろ、週末に来る見込みの、その次の寒冷前線の方が雨をもたらすと予想されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月22日 東西南北  サンパウロ州でも19日頃から急に冷え込みが厳しくなった。南極から寒気団が北上しているためで、すでにブラジル南部では降雪を記録したところが何カ所もある。サンパウロ州でも今週末の冷え込みは厳しく、予報だと22日には最高気温が14度以上にあがらず、最低気温も8度前後になるとか。標高 […]
  • 《ブラジル》3月のW杯南米予選の代表発表=故障者以外はほぼ変わらず2017年3月4日 《ブラジル》3月のW杯南米予選の代表発表=故障者以外はほぼ変わらず  3日、ブラジル・サッカー連盟は、23日と28日に行われるワールドカップ南米予選第11節の対ウルグアイ戦と、第12節の対パラグアイ戦に出場する代表チーム(セレソン)23選手の発表を行った。  出場選手は以下の通りだ。  〈キーパー〉アリソン(ASローマ)、ウェーヴェルト […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年8月25日 東西南北  先週の後半から冷え込みの厳しいサンパウロ州。22日にはサンパウロ市セントロでは気温が8・3度まで下がり、路上生活者が遺体で発見との報道も。先週は南部州で雪が降り、「サンパウロ州でも雪が降るのでは?」と噂話をする人も。今週は日中の気温が20度を超えるとの予報が出ており、降雪はな […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]