ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本頁でも報じているとおり、大荒れとなったリオ市のカーニバルだが、少なくともこの10数年間は、ここまで政治的な表現が行われたことはなかったのではないだろうか。これまでに目や耳にした、物議を醸してきたパフォーマンスは、宗教的な表現に関するものが中心で、政治家をここまでこっぴどく攻撃したものは珍しい。軍事政権時代の終わり頃がどうであったか、などの資料を紐解いてみたくなるものだ。また、今回の政治的パフォーマンスに乗じてか、このカーニバル期間中、リオ市では略奪行為などの犯罪が相次いだという。今回のカーニバル後にリオの社会状況や治安が改善されればいいのだが。
     ◎
 カーニバル期間中、予報では「強い雨が降る」と言われ続けていた。ところが、サンパウロ市では、一部で降雨を見たものの、パレードに支障を与えるほどの雨は降らなかった。その点は良かったものの、逆に心配なのは今月の降水量。月の半分を終わった時点で、カンタレイラ水系では23ミリ、グアラピランガに至っては6ミリしか降水を記録していない。幸い気温が低く、消費が上がっていないためか、水位の下降も記録されていないが、そろそろ本格的に降ってほしいところ。
     ◎
 今週末は2月の第3日曜日なので、夏時間が終了する。厳密に言うと、17日までが夏時間で、18日から元に戻る。つまり、18日は1時間多い25時間ということになり、得をしたような気分となる。今年からは、夏時間の始まりが11月の第1日曜からになり、例年より短縮され、数年後には夏時間廃止との説も。さて、どうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年2月17日 東西南北  今年のリオ市カーニバルのスペシャルグループのパレードが政治や社会を痛烈に批判した異例のものであったことは既に報じたが、その直後に、連邦政府による治安維持のための介入が起きることになったのはなんとも皮肉だ。ベイジャ・フロールやツイウチのパレードはリオ市の現在の混乱をまさしく表現 […]
  • 東西南北2018年2月1日 東西南北  年初のサンパウロ州の降雨は上々。最大水系のカンタレイラでは、1月の月間平均降水量を14ミリほど上回る、276ミリの降水を記録。クリスマスの時期に41%台まで落ちていた水位も、50%まで回復した。他の5つの水系でも最低でも150ミリ以上の雨が降り、みな水位を上げた。2月の予報に […]
  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • 《記者コラム》一都市のロックダウンでは解決しない深刻な問題2021年6月10日 《記者コラム》一都市のロックダウンでは解決しない深刻な問題  新型コロナの変異株による感染者確認で2月にロックダウンを行ったサンパウロ州アララクアラ市が、再びやる可能性が出てきたと9日付伯字紙が報じた。  同市はサンパウロ州初のロックダウンを行い、周囲の市で感染が広がる中でも感染者や死者、入院患者数の明確な減少を見た。病院には […]
  • 苔テラリウムがブラジル上陸=コロナ禍でも売れ行き好調!=新しい癒やしの観葉植物2021年6月4日 苔テラリウムがブラジル上陸=コロナ禍でも売れ行き好調!=新しい癒やしの観葉植物  この数年、日本や韓国でブームの「苔テラリウム」の専門店『フローリア(FLORIA Gaden & Flower)』(Rua Guarani, 266-1° andar, Bom […]