ホーム | ブラジル国内ニュース | デング熱=サンパウロ州での発生率が3倍以上に=デング熱2型にも警戒必要

デング熱=サンパウロ州での発生率が3倍以上に=デング熱2型にも警戒必要

 黄熱病の影に隠れて見逃されているが、サンパウロ州などではデング熱の発生も増えている。
 サンパウロ州では、今年1月の最初の3週間(1月1~20日)で、デング熱が疑われるケースが2300件と、674件だった昨年と比べて3倍以上に増えた事が明らかになったと15日付現地各紙・サイトが報じた。
 デング熱はサンパウロ州以外にも、アクレ、パラナ、サンタカタリーナ、リオ・グランデ・ド・スル、マット・グロッソ・ド・スルの5州で増加傾向にある。
 ブラジル全体でデング熱が疑われているケースは9399件で、昨年の1万6830件より44%減った。今年はデング熱による死者はまだ出ていないが、昨年は13人の死者が出ていた。
 サンパウロ州保健局疾病制御部門コーディネーターのマルコス・バウロス氏は、サンパウロ州でデング熱が増えているのはネッタイシマカの繁殖が拡大しているせいとみているが、「夏の終わりは近いから、流行状態に陥る可能性はない」としている。
 一方、専門家たちは、「デング熱2型」と呼ばれる、別の型のウィルスより重症化しやすいウィルスが横行していることを憂慮している。デング熱2型が最後に流行したのは2008年だ。保健省は昨年12月にデング熱2型ウィルス復活の兆しを感知していた。オズワルド・クルス研究所の疫病学者、アンドレ・シケイラ氏は、「デング熱2型ウィルスの再発生は新たな伝染病発生の危険性を伴う」としている。
 また、1月1~20日でのチクングニヤ熱が疑われるケースは1505件で、5万1千件だった昨年と比べ、大幅に減少した。
 ジカ熱の疑われるケースは131件で、1640件だった昨年の10分の1以下だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》デング熱とチクングニア熱に注意=既に猛威を振るう兆候あり2018年11月2日 《ブラジル》デング熱とチクングニア熱に注意=既に猛威を振るう兆候あり  今年の夏は暑くなるとの予想が出ているが、一部の地域ではもう既に、デング熱やチクングニア熱が猛威を振るう兆候があるから注意するよう、1日付G1サイトが呼びかけた。  ネッタイシマカ(アエジス・アエジプチ)が媒介する病気の代表であるデング熱は、今年既に128人の死者を出している […]
  • サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!2018年2月3日 サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!  黄熱病などの原因にもなる蚊の対策費用の2017年分支出を、サンパウロ州政府、サンパウロ市役所が共に削っていたことがわかったと、2日付現地紙が報じている。  2017年の保健対策への費用の見積もりは、サンパウロ州で1億9100万レアル、サンパウロ市で1億4300万レアルと、共 […]
  • 《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡2018年7月7日 《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡  保健省が6日、17年12月31日~18年6月9日に感染が確認されたデング熱患者は1659人、死者は62人と発表した。感染者中、136人は重症、1523人も要警戒とされたと同日付現地紙サイトが報じた。  デング熱の疑似症患者(ある伝染病と疑われる症状が出た患者)の地域別発生率 […]
  • 《ブラジル》デング熱の発生件数が昨年より89%減=「予防が効果的」と保健局語る2017年5月10日 《ブラジル》デング熱の発生件数が昨年より89%減=「予防が効果的」と保健局語る  ブラジル保健省の8日の発表によると、今年に入ってからのデング熱、ジカ熱、チクングニア熱の感染者数が昨年同期比で著しく減少した事が分かったと9日付現地紙が報じている。  減少が顕著なのはデング熱で、今年に入ってから4月15日までに発生した感染が疑われる件数は、昨年同期比88・ […]
  • 《ブラジル》デング熱=未感染者は予防接種避けよ=国家衛生監督庁が異例の勧告2017年12月2日 《ブラジル》デング熱=未感染者は予防接種避けよ=国家衛生監督庁が異例の勧告  国家衛生監督庁(ANVISA)が11月29日、デング熱にかかった事がない人はデング熱の予防接種を受けないよう勧める、異例の勧告を出したと11月29、30日付現地紙、サイトが報じた。  同勧告は、15年12月28日に同庁が認証した予防接種ワクチンDengvaxiaの製造会社、 […]