ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=9割が乳がん判定できず=基礎知識に欠ける医学生

サンパウロ州=9割が乳がん判定できず=基礎知識に欠ける医学生

サンパウロ州では今も、医学生の質が問われている(参考画像・Alexandre Moreira/A2 FOTOGRAFIA)

サンパウロ州では今も、医学生の質が問われている(参考画像・Alexandre Moreira/A2 FOTOGRAFIA)

 サンパウロ州地方医師協議会(Cremesp)が22日に、2017年10月に行った、医学部を修了する医学生を対象とする医師技能判定試験の結果を発表した。それによると、今回の試験では受験者の6割以上が合格したが、基本的な知識さえない受験者も多かったと、23日付現地紙が報じた。
 2636人の受験者の内、合格者は1702人で、合格率は64・6%だった。この試験は正答率6割以上が合格ラインで、受験者の6割合格は同試験初の快挙だ。
 しかし、学生の88%が乳がん検診(マンモグラフィー)の結果を正しく判定できず、78%が真性糖尿病の診断を誤った。また、シャーガス病などの寄生虫病の知識が十分でない受験者が60%、急性虫垂炎だと見抜けなかった受験者が40%いた。
 Cremesp第1書記官のブラウリオ・ルナ氏は、「この試験の難易度は中かそれ以下だ。糖尿病や乳がんを診断できないようでは現場でも役立たないし、諸外国では医師と認められない。我々は医学校に、学生に補習を行うことを提案している」と語る。
 合格率自体は16年の43・6%から64・6%に上がったが、ブラウリオ氏は満足せず、「目標は85%以上の合格率。公立校で95%の合格率を出しているところもある」とした。
 同試験は受験義務こそないが、15年より、サンパウロ州やサンパウロ市の保健局、や有名私立病院のアルベルト・アインシュタイン病院やシリオ・リバネス病院などが研修医採用の判定基準としている。
 Cremespは今、同試験をブラジル全土で義務付けるような法制定を求め、オンラインで署名活動を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]
  • 東西南北2020年10月23日 東西南北  「モストラ」名でおなじみのサンパウロ国際映画祭(https://44.mostra.org/)。モストラは毎年、この時期開催で、今年はコロナ禍の中での開催が心配されたが、22日から開幕となった。だが、今年はやはり変則的で、オンライン(https://mostraplay.mo […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>2020年10月23日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<3>  アンさんの第一言語はフィリピン語だが、英語も母国語のようにコミュニケーションできる。  「ブラジルに来た時はポルトガル語ができず、仕事を見つけるのに苦労しました。なぜブラジル政府は、アジアの複数の国のように英語をコミュニケーションの手段とすることを法律で義務付けなか […]
  • 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇2020年10月22日 《ブラジル》国内便利用者が76%減少=航空会社は3千人近くを解雇  ブラジル民間航空監督庁(Anac)の公式サイトによると、第3四半期の国内便利用者は721万8207人で、昨年同期の3050万人と比べると76%減った。  Anacによると、第3四半期で最も良かったのは9月の319万4904人で、8月の231万8308人を大幅に上回っ […]