ホーム | コラム | 樹海 | PTの危機に、どうするハダジ?

PTの危機に、どうするハダジ?

ハダジ氏(Lula Marques/AGPT)

ハダジ氏(Lula Marques/AGPT)

 10月の大統領選に向け、労働者党(PT)が党史上最大級の危機を迎えている▼ルーラ元大統領が1月に行なわれた収賄裁判の第2審で有罪となり、大統領選の出馬がかなり厳しくなっていることは既報済み。それに追い討ちをかけるように、ルーラ氏断念の場合の第1代理候補、ジウマ政権時の官房長官ジャッケス・ヴァギネル氏までもが、バイア州知事時代の収賄疑惑で捜査を受けた。しかも今回は、ルーラ氏の捜査以上に明確な証拠も次々と見つかっているため、仮に裁判で有罪にならずとも、有権者への印象はかなり悪くなる

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ