ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル鉄鋼輸出に大打撃?=米国が関税大幅増を発表=製鉄業界に大激震走る!=適用外求め、ブラジル政府も交渉へ

ブラジル鉄鋼輸出に大打撃?=米国が関税大幅増を発表=製鉄業界に大激震走る!=適用外求め、ブラジル政府も交渉へ

ブラジル輸出の拠点、パラナグア港(参考画像・Imprensa/GEPR)

ブラジル輸出の拠点、パラナグア港(参考画像・Imprensa/GEPR)

 ドナルド・トランプ米国大統領は1日、鉄鋼とアルミニウムに、それぞれ25%、10%の関税を課すことを発表した。2日付ブラジル国内各紙が報じている。

 同措置は世界規模での貿易戦争を呼び起こしかねず、特に昨年の米国鉄鋼輸入では世界第2位となる、シェア13%を誇るブラジルにも大きな影響を及ぼしそうだ。これは、「アメリカ第一主義」を掲げるトランプ大統領がこれまでに行った政策の中で、ブラジルにとって最も強硬な策だ。米国は関税引き上げで、鉄鋼輸入を37%、アルミ輸入も13%削減する事を望んでいる。世界経済への悪影響を危惧し、1日のダウ・ジョーンズは1・68%下落した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ