ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2月28日、サンパウロ州カンピーナス市で、銀行強盗を捕獲しようとした軍警が、銃撃を受けて反撃、強盗の内7人が死亡する事件が起きた。爆発を専門とする銀行強盗グループが同日午後7時から10時の間に、カンピーナス市の先にあるジョアノーポリス市の銀行支店を襲うという匿名情報を得た警察は、40人の対策グループを組み、カンピーナス市内を通る幹線道路で待ち伏せしていた。軍警は先ず、発砲しながらやってきた4人乗りの車を包囲。犯人の1人が車を降りて機関銃を発砲したため、軍警が応戦し、4人共射殺された。別の3人が乗っていた車は包囲網を抜けたが、土手に衝突。追ってきた警官隊に発射したため、銃撃戦になり、3人とも死亡した。3台目の車の2人は逃げたが、その中の1人は病院で体内の銃弾を除去してもらおうとして逮捕された。何とも壮絶な事件だ。
     ◎
 1日、サンパウロ市西部ピニェイロスで、車の中に187万レアルの現金を隠し持っている2人組の男性が逮捕された。軍警が二人の乗っていた車の様子をみて不審に思い、停車を命じて取り調べた結果、大金が発見されたという。二人は、50レアル札を束にして段ボールに詰めた大金の山がどのような目的のものなのか説明できず、汚職絡みの疑いで逮捕となった。この金の出所も気になるところだ。
     ◎
 1日に行われたサッカーのリベルタドーレス杯グループ・リーグ初戦で、サントスとパルメイラスが敵地の試合を戦った。サントスはペルーでレアル・ガルシラーソに0―2で完敗したが、パルメイラスはコロンビアでジュニオール・バランキージャに3―0と圧勝し、幸先のよいスタートを切った。次戦はサントスが15日、パルメイラスは4月3日だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボウソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボウソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年5月5日 東西南北  本日報じた、連邦議員の裁判特権(FP)は、ラヴァ・ジャット作戦以降、政治家の汚職が注目されたことで、廃止を求める動きさえある。FPはそもそも、軍事政権時代の名残によって生まれたもので、政治家が不当な理由で逮捕され、政治生命を脅かされるのを防ぐためにできたものだ。幸いにして、1 […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]