ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年9月22日付け

 この2カ月間、移籍の噂で持ちきりだったサントスFCのガンソがサンパウロFCに移籍することが正式決定した。移籍金は240万レアルでサンパウロとは5年契約となる。2010年にネイマールと共にサントスの快進撃を支え、共に若くして代表(セレソン)にも選ばれていたが、最近は膝の怪我の影響で影が薄くなっていた。新天地での復活に期待。
     ◎
 これまで、セーラ候補やハダジ候補に対する批判が目立っていた聖市市長選だが、支持率1位のルッソマノ氏にも向けられはじめた。21日からのシャリッタ候補のラジオCMでは労働者の会話として、一方が「過去に(汚職で有名な)ピッタや(市民に不人気な)カサビに投票したんだ。後悔してるよ」と言った後、相方から「今度は誰に投票するの?」と質問され「ルッソマノだよ」と答えたところ、「それじゃ、また失敗だな」と言われて終わるもの。ある意味、有権者に対する皮肉にも聞こえるが。
     ◎
 伯国文学の最高賞と呼ばれるジャブチ賞のノミネートが20日発表され、恋愛小説や詩など29部門にそれぞれ10作品ずつ選出され、伯国を代表する作家ルーベン・フォンセカやダルトン・トレヴィザンなどがノミネートを受けた。結果発表は10月18日で、受賞作家には賞金3万5千レアルが贈られる。

image_print

こちらの記事もどうぞ