ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=ルーラの人身保護令決まらず=4月4日まで審理延期=当面は逮捕禁ずる暫定令=法の下の平等はどこに?

《ブラジル》最高裁=ルーラの人身保護令決まらず=4月4日まで審理延期=当面は逮捕禁ずる暫定令=法の下の平等はどこに?

最高裁前での抗議行動。ルーラ支持派(Lula Marques/Liderança do PT na Câmara)

最高裁前での抗議行動。ルーラ支持派(Lula Marques/Liderança do PT na Câmara)

 【既報関連】22日午後、最高裁大法廷がルーラ元大統領からの人身保護令の審理を行ったが、時間切れで4月4日に審理が延期されたため、それまでは元大統領は逮捕されない事を保証する暫定令が出されたと23日付現地紙が報じた。

 この日の最高裁は、出所を隠した形で行われる企業からの選挙献金を禁ずる件の審理で始まり、ルーラ氏の人身保護令に関する審理はその後に開始された。それもあり、人身保護令そのものに関する審理は行われずに終わったが、元大統領弁護団は、同件に関する結論が出るまでは逮捕しない事を保証する暫定令を獲得し、少なくとも数日間の延命に成功した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ