ホーム | ブラジル国内ニュース | 喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向

喫煙や飲酒も小頭症を招く=ジカ熱流行前に増加の傾向

 サンパウロ総合大学(USP)とマラニョン州連邦大学(UFMA)が2010年に行った調査により、小頭症は喫煙や飲酒によっても起こりうる事や、ブラジルでは2015年のジカ熱流行以前から、国際的な基準より小頭症児の誕生率が高かった事などが明らかになった。
 ブラジルでは2015年のジカ熱流行後、ジカ熱に感染した妊婦からは小頭症児が生まれる可能性があると警鐘が鳴らされるようになった。
 だが、2010年にサンパウロ州リベイロン・プレット市とマラニョン州サンルイス市で行われた小頭症児に関する調査によると、妊娠中の飲酒や喫煙も小頭症児誕生に影響しているという。
 保健省には小頭症児に特化した情報収集システム(Sinasc)があるが、2014年までの情報は頭囲レベル2以下の例に限られ、頭囲レベル2~3の軽症例の情報は漏れていた。
 Sinascのデータによると、2000~2017年に生まれた小頭症児は6694人おり、その内の4224人は2015~17年に生まれたという。また、この間に亡くなった小頭症児は1949人で、その内の445人は15~17年に亡くなっている。
 一方、USPとUFMAが行った1万300人の新生児に関する調査では、リベイロン・プレットでは2・5%、サンルイスでは3・5%の新生児が小頭症だった。これは、最大2・3%とされている国際基準を上回っている。両市での小頭症児誕生率からいくと、新生児1万人あたりの小頭症児は平均290人に及ぶが、研究者達は、これまでの統計や調査では、小頭症の診断方法に誤りがあったのではないかと考えている。
 調査では、社会的な要因や人口統計学的要因、生活習慣なども小頭症児の誕生に影響を与えている事が確認された。その一つは妊娠中の飲酒や喫煙だ。また、妊娠中や出産時の対応、先天性梅毒や風疹などの病気も関係しているという。これらの要因は、小頭症児の誕生だけでなく、出生後の成長や健康状態にも影響するため、妊婦や周囲の人も注意が必要だ。
 また、研究者達は、リベイロン・プレットやサンルイスで得たデータは全国で適用出来ると考えており、小頭症児の誕生数を減らすためには、ジカ熱への感染回避だけでなく、飲酒や喫煙といった生活習慣の改善も必要だと訴えている。(4日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図2017年5月25日 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図  2015~16年に流行し、ブラジルだけで20万人以上の患者が確認されたジカ熱は、小頭症児の誕生などの問題も引き起こした上、少なくとも10カ国に広がった。  ブラジルのジカ熱ウイルスがどこから持ち込まれてきたかは定かではないが、研究者のグループが、米州大陸で確認されたウイルス […]
  • ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避2016年12月29日 ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避  小頭症の子供が増えているのは、妊婦がジカ熱にかかった事と関係がありそうだ―。15年8月にブラジル北東部の医師が警告を発して以来、出産、妊娠が可能な年齢層の女性やその関係者を中心に、ジカ熱感染を懸念する声が高まっている。  同年11月からは保健省も実態解明に力を入れ始め、世界 […]
  • 《ブラジル》小頭症児の4割は未婚母から=保健省の調査で明らかに2017年2月2日 《ブラジル》小頭症児の4割は未婚母から=保健省の調査で明らかに  ジカ熱の流行と共に国内で大量に発生した小頭症児の内、4分の1は母親が10代で出産していた事が明らかとなった。1日付エスタード紙が報じている。  保健省のデータによると、15年11月~16年9月に生まれた小頭症児3152人中、24%にあたる768人は10代の母親から生まれてい […]
  • 妊娠中絶=3カ月までなら罪に非ず=最高裁が異例の判断下す2016年12月1日 妊娠中絶=3カ月までなら罪に非ず=最高裁が異例の判断下す  最高裁第1班が11月29日、妊娠3カ月までに行われた妊娠中絶は罪ではないと判断し、リオ州で不法中絶を行っていたとして身柄を拘束されていた医師や職員の釈放を認めたと11月30日付現地紙が報じた。  今回の判断は、リオ・デ・ジャネイロ州ドゥッケ・デ・カシアス市で不法な妊娠中絶を […]
  • チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える2016年12月13日 チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える  デング熱やジカ熱同様に蚊が媒介するチクングニア熱が猛威を振るっていると12日付グローボニュースが報じた。  チクングニア熱は発熱や発疹、痒み、関節痛など、様々な症状を呈する上、関節痛が長期間続く例も多い。  今年最初の37週間の患者数は23万6287人とされ、昨年同期の2 […]