ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領独裁化の危機説も?!=異例の3軍司令官解任で=3月31日の「軍事クーデターの日」直前=軍部や国民はついていかず

《ブラジル》大統領独裁化の危機説も?!=異例の3軍司令官解任で=3月31日の「軍事クーデターの日」直前=軍部や国民はついていかず

解任されたプジョル前陸軍司令官(Marcelo Camargo)

 3月29日から30日にかけて、フェルナンド・アゼヴェド・エ・シウヴァ国防相、陸空海3軍の総司令官が続けざまに解任されるという、ブラジル史上最大の危機が起こった。3月30日付UOLサイトなどによると、これはボルソナロ大統領が希望するエスタジオ・デ・シチオ(戒厳令のひとつ)を軍が支持しなかったことで起こったものだという。3月31日が1964年の軍事クーデターの日でもあったことから、ボルソナロ大統領による軍を背景にした独裁体制化を懸念する声もあがったが、それは起こらなかった。3月29日〜4月1日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ