ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「サンバの女王」ララ死去=歌手に作曲家と大活躍

《ブラジル》「サンバの女王」ララ死去=歌手に作曲家と大活躍

 リオのサンバ界で長きにわたり活躍し、「サンバの女王」の異名も取ったイヴォーネ・ララが16日、入院先の病院で亡くなった。96歳だった。16日付現地サイトが報じている。
 1922年にリオのボタフォゴで生まれた彼女は、3歳の時に父親を亡くし、12歳の時に母親を亡くした。その後は叔父の手で育てられたが、そこでサンバを覚えた。
 ララは1947年に25歳で結婚したが、夫がエスコーラ・デ・サンバ「プラゼール・デ・セリーニャ」の会長の息子であったことから、サンバ界で顔が利くようになり、シラス・デ・オリヴェイラなどの作曲家と出会い、自身も曲を作りはじめた。主な作品には「ナッシー・パラ・ソフレール(私は苦しむために生まれた)」などがある。
 1975年に長男、夫が立て続けになくなったことを契機に、53歳で音楽活動を活発化させ、1977年からは芸術活動に専心。歌手としての活動も目立ちはじめた。
 作曲家としても、マリア・ベターニアやカエターノ・ヴェローゾといった大物歌手たちが彼女の曲を歌うほどの評価を得たが、1980年代以降は歌手としても、毎年のように作品を発表する人気歌手となった。
 その存在は次第に敬意を込めて、「ドナ(女主人)」と呼ばれるようになる。活動は長く、90歳を超えてもステージに立ち続け、リオのサンバ界の名物のひとりとなった。また、カーニバルのテーマで選ばれることや音楽賞での功労賞を捧げられることも多かった。
 心臓の病のため、13日からリオ市内の病院に入院していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • リオ=カーニバル直前、迷子にご用心=子供を見分けるブレスレット配布2020年2月21日 リオ=カーニバル直前、迷子にご用心=子供を見分けるブレスレット配布  子どもと青少年のための財団(FIA)は、20日と21日の午前9時~午後3時にリオ・デ・ジャネイロ市の中心部にある長距離バスターミナルで、「行方不明の子供SOSプログラム」の一環として、子供が迷子になった時に誰の子かを識別するためのブレスレットの配布を行った。このブレスレットに […]
  • サンパウロ市カーニバル=5人が刺され、内1人死亡=逮捕者は1500人以上2020年2月27日 サンパウロ市カーニバル=5人が刺され、内1人死亡=逮捕者は1500人以上  サンパウロ市のカーニバル期間中、同市内ではカーニバル絡みの事件で5人が刺傷事件に巻き込まれ、内1人が死亡。さらに1500人以上が逮捕されたと、26日付現地紙が報じている。  23日22時30分~24日20時20分の間に、サンパウロ市のカーニバルの中心地である中央部と西部にお […]
  • 《ブラジル》「ビール味のアイスキャンディー」が誕生=常夏の北東部でカーニバルでのヒット目指す2020年1月7日 《ブラジル》「ビール味のアイスキャンディー」が誕生=常夏の北東部でカーニバルでのヒット目指す  ブラジルは今が夏の盛りだが、そんな中、ビール味のアイスキャンディーが発売されることになり、話題を呼んでいる。  ブラジルは南国らしく、アイスキャンディーも、マンゴーやパッション・フルーツなど、他の国ではなかなか楽しめない味を満喫できるが、それでも、ビール味のアイスキャンディ […]
  • リオ市=大晦日のホテルは大盛況=カーニバルへの動きも既に2020年1月7日 リオ市=大晦日のホテルは大盛況=カーニバルへの動きも既に  ブラジル・ホテル業者会リオ州支部(ABIH―RJ)によると、リオ市では、年末年始にかけてのホテルの客室占有率が例年以上に高かったという。  アウフレッド・ロペスリオ州支部長が3日に明らかにしたところによると、大晦日のイベントが開催され、290万人が繰り出したコパカバーナでは […]