ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》アエシオ上議がJ&Fからの収賄容疑で被告人に=起訴受理の賛否を問う判事投票は圧倒的な結果に=録音証拠で致命的ダメージ=アウキミンからの同情もなく

《ブラジル》アエシオ上議がJ&Fからの収賄容疑で被告人に=起訴受理の賛否を問う判事投票は圧倒的な結果に=録音証拠で致命的ダメージ=アウキミンからの同情もなく

被告となった後の会見でのアエシオ氏(Jefferson Rudy/Agência Senado)

被告となった後の会見でのアエシオ氏(Jefferson Rudy/Agência Senado)

 17日、最高裁第1小法廷で、14年大統領選で次点だったアエシオ・ネーヴェス上院議員(民主社会党・PSDB)の収賄疑惑に関する起訴を受理するか否かの審理が行われ、賛成多数でアエシオ氏は刑事被告人となった。18日付現地紙が報じている。

 アエシオ氏に対する起訴は、食品大手J&Fの社主ジョエズレイ・バチスタ被告がラヴァ・ジャット作戦で行った報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)に基づくものだ。供述内容は昨年5月、録音証拠と共に暴露され、ブラジルに大きな衝撃を与えた。また、アエシオ氏がPSDB党首の座を追われ、と上議停職(その後復職)を命じられるもとともなった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ