ホーム | ブラジル国内ニュース | パラグアイ=新大統領にマリオ・アブド氏=コロラド党政権70年超に

パラグアイ=新大統領にマリオ・アブド氏=コロラド党政権70年超に

 パラグアイで22日に行われた大統領選挙で、中道右派で与党コロラド党のマリオ・アブド・ベニテス候補(46)が、中道左派で野党リベラル党のエフライム・アレグレ候補(55)らを抑えて当選したと23日付ブラジル国内紙、同サイトが報じた。
 大統領選は10人の候補乱立の混戦で、司法改革や税制改正などを訴えたベニテス氏がリード。当初はベニテス氏が20%ポイントの差をつけて当選と予想されていたが、実際にはかなりの接戦で、選挙裁判所がベニテス氏の当選確定と判断したのは、開票率96%(上位2候補の得票率はベニテス氏46・65%対アレグレ氏42・73%)の時点だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ