ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル連警》大型闇為替ブローカーを一斉摘発=9年間で16億ドルを動かす=「別の汚職がまだ出てくる」と検察官

《ブラジル連警》大型闇為替ブローカーを一斉摘発=9年間で16億ドルを動かす=「別の汚職がまだ出てくる」と検察官

CD作戦についての記者会見に臨んだ検察官たち(Tomaz Silva/Agencia Brasil)

CD作戦についての記者会見に臨んだ検察官たち(Tomaz Silva/Agencia Brasil)

 ブラジル連警による大型汚職捜査ラヴァ・ジャット(LJ)作戦の関連捜査、〃カンビオ・デスリーゴ〃(CD)作戦が3日に決行された。リオ、ミナス、リオ・グランデ・ド・スール、サンパウロ州の5州と連邦直轄区、隣国のウルグアイ、パラグアイで、計45の逮捕、家宅捜索令状が執行され、同日だけで闇ブローカーや運び屋33人が逮捕されたと、3、4日付ブラジル各紙・サイトが報じた。

 連警、連邦検察庁、国税庁が合同で行ったCD作戦は、2008年から17年までの間に、世界52カ国に散らばる3千以上のオフショア企業が行った、総額16億ドルに及ぶ違法取引の流れを解明し、闇ブローカー間のつながりを断ち切る事を目的としている。オフショア企業は、タックス・ヘイブン(租税回避地)にあるダミー企業を指す。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ