ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日報じた、連邦議員の裁判特権(FP)は、ラヴァ・ジャット作戦以降、政治家の汚職が注目されたことで、廃止を求める動きさえある。FPはそもそも、軍事政権時代の名残によって生まれたもので、政治家が不当な理由で逮捕され、政治生命を脅かされるのを防ぐためにできたものだ。幸いにして、1988年の新憲法制定後は、ブラジルにはそうした圧制が存在しなくなっていたため、「政治家を甘やかせるためのもの」に見えるようになってしまっているということだ。FPが本来の意味で効力を発揮するべきなのは、政敵の不当逮捕などがしばしば問題となる、現在のベネズエラのような国なのかも。
     ◎
 2日、リオ市警は、同市内の産婦人科で4人の新生児を殺害しようとした容疑で、看護婦のシモーネ・アンジョス・ドス・サントス容疑者(41)を逮捕した。同看護婦は、新生児用集中治療室内の保育器に近付き、酸素などのチューブを外したりした。その光景が監視カメラに撮影され、御用となった。赤ちゃん4人に異常はなかった。同容疑者は仲間を陥れるためにこのような行動を取ったとされているが、赤ちゃんたちは低血糖症や血液感染を起こして死亡する危険性があった。
     ◎
 3日に行われたサッカーのリベルタドーレス杯のグループ予選。既に決勝トーナメント行きを決めているパルメイラスは、敵地ペルーで行われたアリアンサ・リマ戦でも好調を持続。危なげない試合運びで3―1で快勝した。これでパルメイラスは5戦4勝1分。トーナメント進出チーム中、最高の成績になりそうな勢いだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年3月3日 東西南北  2月28日、サンパウロ州カンピーナス市で、銀行強盗を捕獲しようとした軍警が、銃撃を受けて反撃、強盗の内7人が死亡する事件が起きた。爆発を専門とする銀行強盗グループが同日午後7時から10時の間に、カンピーナス市の先にあるジョアノーポリス市の銀行支店を襲うという匿名情報を得た警察 […]
  • 東西南北2017年7月28日 東西南北  本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与 […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 《ブラジル》ラヴァ・ジャットがラテンアメリカ諸国に飛び火=現・元大統領も捜査対象に2017年2月10日 《ブラジル》ラヴァ・ジャットがラテンアメリカ諸国に飛び火=現・元大統領も捜査対象に  14年3月にブラジルで始まった大型汚職摘発のラヴァ・ジャット作戦(LJ)に関連した捜査がラテンアメリカ諸国で進んでいると8、9日付G1サイトなどが報じている。  16年12月に大手建設会社、オデブレヒト社の現・元幹部77人がブラジルやアメリカで行った報奨付供述など、LJ関連 […]